トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

資料解釈が難しいと感じたら、問題を解くコツを学べば大丈夫

公務員試験の数的処理は苦労される方が非常に多いと思いますけど、その中でも資料解釈はちょっと毛色が違います。数的推理、判断推理、空間把握といった3分野と比べると、高得点をとれるチャンスは全然高いです。高得点といっても、そもそも出題数が少ないのですがね・・・。でも、資料解釈はどの試験種を受けても、必ず1問は出ます。特別区とか東京都庁は4問出ます!この2つの試験種を受ける方は、絶対に最低3問、できれば4問全部とってほしいと思います。

さて、この資料解釈を苦手としている人、難しいと思っている人は単純に練習が足りないと思います。資料解釈は単純に暗記科目だと思った方が良いと思います。選択肢を1つ1つ検討していくと思うのですが、選択肢の正誤判断をしていくのに必要な知識、ノウハウをあらかじめ頭にインプットしていって、それを実際の試験問題のときに出し入れするというのが、王道の解き方だと思います。つまり、問題を解くのに必要な知識やノウハウをいかに多く頭に詰め込めるか?というのがまず重要です。

じゃあ、その知識やノウハウをどこで仕入れてくるか?がポイントになりますけど、基本的には予備校に通っている人は、予備校の授業で多くの問題を実際に解かせてみて、そのときに一緒に教えてくれるはずです。予備校にいけば、大方の問題で必要なモノは身につけることができるはずです。しかし、独学の人は自分で身につけるしかありません。自分で資料解釈用の参考書、問題集を買って、それを実際にやってみます。

そして、その問題を解きながら、解説を読んで「こうやって解くのか!」というやり方をマスターしていきます。何十問、何百問と、問題を解いていければ、自然に資料解釈を解くのに必要な知識、ノウハウ、そしてコツみたいなものが身についてくると思います。ただ、ちゃんと1問1問、または選択肢1つ1つについて、解説をしっかりと読んでみてください。それこそが大切です。予備校の授業では、1問1問丁寧にやってくれるでしょうけど、自分で独学でやる場合には、まず参考書や問題集選びから解説がしっかりしているものを選んでみましょう。

基本的に資料解釈では、ほぼ計算はしません。というか、計算をしていると時間がかかるので、計算をしなくても良いように、少しの時間で判断できるように、コツを学んでいくことになります。ちゃんと時間をかけてやっていくと、過去に解いた問題で得たコツなどが自然に使えて、計算なんかしなくても問題が解けるようになると思います。というか、問題や選択肢を見ただけで、あ!これはあのパターンか!じゃあ、あれを使えば解けそうだな!ということが瞬時に思えてくれるはずです。

そのためにはとにかく反復練習あるのみです。1問でも問題を解いて、資料解釈に必要な知識、ノウハウ、コツといったものを1つでも多く吸収する。覚える。自分で使えるようにするということが大切です。繰り返しちゃんとできていれば、自然に資料解釈ができるようになってきた!という実感が得られるのではないでしょうか?ですから、とにかく1日1問か2問くらいでも良いので、繰り返し毎日トライしてみることです。資料解釈の場合は、同じ問題をやっても構いませんけど、新しい問題にどんどんチャレンジしていくやり方で良いと思います。

資料解釈は数的処理の中でも本当に点数とりやすいので、絶対に得点源にしてほしいと思います。特に数的処理が全体的に苦手な人は絶対に資料解釈だけはちゃんとやって、後はほどほどにやるくらいでも良いと思いますし。資料解釈は冒頭でも話したように、かけた時間、努力が結果に結びつきやすいので、是非諦めずに頑張ってチャレンジしてほしいと思います。特に特別区、東京都庁、あとは国家公務員の試験種では出題数も多いですから、資料解釈は継続的に勉強していってください。


関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム