トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

公務員試験の面接カードの書き方で1番注意すべき例

公務員試験の面接では、ほとんど試験種で事前に面接カードを書いて行いき、それを提出して面接を始めていくでしょう。面接カードのようなものは、就職試験くらいしか書くことがないと思うので、非常に書きづらかったり、どうやって書いて良いのか?分からないこともあると思います。基本的には市販されている面接用の参考書などを散見すると、具体的な書き方や記入例が書いてあると思うので、それを参考にして書けば良いと思います。

ここでアドバイスをするとすれば、あまり具体的に書きすぎない方が良いかな?ってことです。実際の面接では具体的に話した方が良いんですけど、面接カードに書くことは具体的すぎず、抽象的ずぎずというバランスを保った方が良いと思うのです。というのも、面接官が質問する余地を残しておくって感じですかね?具体的に書きすぎると、面接官が質問することがなくなってしまう恐れがあるのです。それか、質問を考えるのに苦労することもあります。

面接官からしたら、質問もろくにできない醜態を晒すことはしたくないでしょう。ですから、仮に完璧すぎる内容を面接カードに書いてしまって、面接官のする質問が全て「面接カードに書いてあるじゃないですか!」と言われてしまうような状況は、面接官にとって好ましくないというか、面接官泣かせなわけです。あれこれと質問をして、受験生の反応を見たいところが、それができないのは、非常に困る。だから、はっきり言うと面接官の心象を害するということがいえると思います。

つまり、これは面接官の質問力を無さを転嫁している感じかもしれませんが、不合格になりやすい典型例ともいえるのです。面接官も人間なので、自分を苦しめる人を採用したいという気持ちにはなるはずがなく、面接官のことを配慮して、面接官にとって気持ちの良い面接をできるように、受験生の方が気を使わないいけない、厄介な部分みたいなのもあるのです。合格したいなら、そういう努力が必要ということになるのです。

面接で合格したかったら、面接官が気持ちよく面接の主導権を握れるように、裏から操作するような、そういうことが必要なのです。そういうことは実は受験生のほうにも有利に働くことがあります。それは意図した質問をさせるように誘導することも可能だからです。要するに、ある部分をわざと抽象的に書いておいて、面接官に質問する余地を与えるということは、そこはほぼ確実聞かれることになるということです。そうなると、想定質問を考えやすくなり、面接官を唸らせるような回答を事前に考えて準備しやすくなるということです。

これはちょっとテクニックがいる作業で、面接対策本などにも書いてあることが多いですから、気になる方はそういう本を読んでテクニックを習得してから実践してみてください。必ず意図した質問がくるか?どうかは、あなたのテクニックや運にも左右されるために、必ずしも上手くいくか?は分かりません。ただ、そういう方法によって、合格を手繰り寄せることもできるということは知っておきましょう。面接対策本は立ち読みでも良いので、読んで見た方が良いかもしれません。

面接カードは面接そのものではないものの、それをどのように書くか?によって、合否が大分分かれてしまうものですから、しっかりと対策を練って書くようにしましょう。面接カードもおそらく手書きでしょうから、一応字は丁寧に書いていきましょう。公務員試験でもいい加減に印刷やプリントOKにしてほしいと思いますけど、昔ながらの伝統保持したいという人はやっぱり多いのでしょうね。私は面接カード、履歴書、エントリーシートなどを手書きにするメリットは何ら感じられませんけど。


関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム