トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

アルバイトに応募する志望動機で「学費を稼ぐため」は最高!

アルバイトの面接では、志望動機をおそらく聞かれますし、履歴書にも書いていきますよね。そのときの志望動機はどうすれば良いのでしょうか?今回は高校生や大学生あたりを考えた場合ですが、「学費を稼ぐため」というのはよくあるパターンだと思います。面接官からしてみれば、おかしな志望動機ではないはずです。学費を稼ぐために働くなんて良いことじゃないですか?感動しちゃうかもしれない。

学費を稼ぐためってことは、現在大学とかに通っているということで、そのための授業料などを稼いで納入しないといけないということですよね。授業料の滞納とかが認められるのか?分かりませんけど、遅れるのは非常にマズイですよね。そうなると、大学から除籍にならないためには、授業料は滞りなく納入しないといけません。大学を除籍になるかもしれない。それを避けるために必死に働いて、お金を稼ぐだろう。という気持ちが容易に想像できます。だから、そういう志望動機を話す人は一生懸命働いてくれるのではないでしょうか?

以前、「アルバイトの志望動機なんてのは「生活費を稼ぐため」で十分!」という記事で生活費を志望動機にする場合を考えてみましたが、こちらも一緒ですよね。生活費がなければそもそも生きていけないので、そのためのお金を稼ぐ目的でアルバイトを始めたい!というのなら、そりゃ必死でやってくれるに違いありません。生活がアルバイトの仕事にかかっているのですから、死ぬ気でクビにならないように頑張ってくれそうですよね。クビになったら、生きていけるか?どうかも分かりませんから。

実際、アルバイトの志望動機というのは、ほとんど形式的に聞いてくるものだと思いますから、そこまで合否結果に影響を与えるものではないと思います。よほどおかしな志望動機でもなければ、あまり変わらないかもしれません。その中でも、学費を志望動機に掲げる場合というのは、すでに述べたようにやる気と熱意が見られるために、少なくともマイナス評価はされないと思います。それに学生ならば、学生らしく、正直で宜しいと思いますよ。

ただ、実際に面接で志望動機を語る場合には、学費が大前提であることに付け加えて、どうしてそのお店を選んだのか?といった理由まで話せると、さらに良いかもしれません。とはいっても、それも別に悩む必要はないでしょう。当たり障りのない理由で良いと思います。例えば、家から近いとか、いつも利用しているとか、そういう他愛もない理由で構わないと思います。こういった感じで、学費+αで志望動機を語れると、良いのではないでしょうか?

アルバイトの面接では、大切なのは志望動機とかよりは面接トータルを通しての雰囲気とか、面接官から見ての印象だと思います。基本的には明るさや人当たりの良さみたいなものが重要視されると思います。ただ、少しでもその中で自分をアピールしていくには、学費を稼ぎたいから。といった理由でとにかく、頑張って働く人だということを面接官に印象付けることが大切になってくると思います。アルバイトの面接は単純に相性の問題もあるので、落ちても気にしないで、次頑張るという気持ちで良いと思います。志望動機は面接で話したり、履歴書に書いて持って行ったりすると思いますけど、その際には参考にしてみてください。


アルバイトとして働くためには、まず面接に合格しなちといけませんが、その面接が多くの方にとっては壁になりますよね。しかし、「ショットワークス」では、面接なしで採用してもらえる求人が多数掲載されています。無料の会員登録で利用でき、非常に便利なアルバイト求人サイトだと思います。いつも利用している求人サイトとは違った、面接を経ないで採用してもらえる求人に興味のある方は、特におすすめです!
面接なしですぐに働ける!短期バイト情報満載
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム