トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

内定式は懇親会だけじゃなく、教育実習や研修も行われる場

10月頃になると、各地で内定式というものが行われます。内定式を行わない企業も多くあると思いますけど、ある程度の規模があるところでは行うケースが多いのではないでしょうか?内定式というと、どういうイメージをお持ちでしょうか?食事したり、話をしたり、講演を聞いたりみたいな、懇親会的なものだと思っている人が多いかもしれません。確かにそういう内定式になっているような企業も数多くあると思います。ただ、それは内定式の一側面に過ぎないと思います。

本来は内定式というのはそういうものではなくて、もっと重要な意味合いを持っているものだと思います。最近は懇親会同然のものも多いかもしれませんが、企業によっては別の重要な催しが行われることもあるのです。例えば教育実習や研修をこの内定式で行うというものです。こういったものは入社式の後にも行われるものだと思いますけど、それに先立って行うケースも多々あると思います。これから新入社員になる人たちにとっては、非常に重要な催しですよね。

正社員として働いた経験のない人たちが集まってくるわけですから、その準備段階として教育実習や研修を経験することは非常に大切です。内定式の計画があらかじめ公表されており、かつこういったものが当日行われるとわかっている場合には、できるだけ参加した方が良いと思います。というのも、教育実習や研修が行われた場合には、それが入社前に今後の会社での立場を左右する一大事にならないとも限らないからです。

この時期に教育実習や研修を行っても、意味があるか?といえば、あまりないのかな?と思える面もありますけど、このときの働きぶりなどを観察して、入社後の配属、配置などを決める可能性があるからです。当然、内定式には多くの会社の人間、偉い人からそうじゃない人まで参加しますから。そういった意味で、ここでの一幕が後の働き方に大いに影響を与える可能性が高いです。ですから、もし欠席したらどうなるでしょうか?企業側もただの懇親会として内定式を開いていないとすれば、当然全員に参加して、実際の働き振りを見たいと思っているでしょう。

そこで欠席してくるような学生に対しては、当然あまり良い気分はしないでしょうね。やむを得ない理由で当日休むという場合もあるので、一概にそれがダメとは言いづらいですけど。できることなら出て欲しいと思っているところも多いでしょう。内定式といっても、最近は泊りがけで行うところもあるようです。1日で終わるところが大半だと思うのですが、そういうところはどちらかというと、懇親会としての意味合いが強いかな?という印象ですけど、何日かにかけて行われる内定式はそれだけ企業の本気度が窺えると思います。

そういう泊りがけで、複数日かけて内定式を行う企業は懇親会というよりは、入社式に向けての準備段階、学生から社会人に変わるときの本格的な研修、教育実習が行われると思われます。そういう場合の内定式は当然欠席しづらいですよね。休める理由というのも、かなり限られてきます。ただ、こういった研修や教育実習というのは、結局は入社式を終えて、就業が始まった後も行われますから、そこで行われるものでも良いんじゃないか?と思いますけどね。だから、こういう内定式をわざわざこの時期にやる必要があるのか?というと、微妙な気はします・・・。

そういう理由で、実際に教育実習や研修をこの内定式の場で行う企業はあるものの、それが本当に今必要なものか?参加しないといけないものか?というと、微妙なところですね。とはいっても、されで不参加の場合に企業側に、評価を下げられて、それが入社後にいろいろな形で響いてくることもあると思いますから、参加する価値がそこまであるとは思えないものの、参加しておいた方が身のためということはいえるかもしれません。
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム