トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

「第二新卒」の定義って、何歳まで?何年目まで?

最近、流行中の第二新卒という枠で再就職を目指している方も多いと思います。既卒とは違いますし、新卒でもない。はたまた、中途採用でもないこの採用形態が最近注目を浴びています。きちんと「第二新卒」という形で採用活動を行ってくれている企業というのも多くなってきており、今後も拡充されていくことが見込まれます。こういった新しい仕事の探し方というのが、今後さらに世の中に普及していくと、多くの方が仕事を探しやすくなると思いますね。

さて、この「第二新卒」という言葉の定義は非常に曖昧です。というのも、一体何歳までのことを指しているのか?迷う方も多くいると思うからです。はっきり言うと、明確な定義はなく、各企業ごとに解釈が多少異なる可能性があると思われます。ただ、一般的には大学卒業から数年、具体的には3年くらいまでをそう呼ぶというケースが多いのではないか?と思います。ただし、そういう声が多いというだけで絶対的な基準になるわけではありません。

ですから、通常のケースだと大学卒業が22歳、大学院卒業でも24歳ということで、25~27歳くらいまでは第二新卒と呼ぶのが通例じゃないか?と思います。ただ、大学時代に留年をしていたりすると、さらに年齢がうえにいきますが、こういう要素をどう扱うか?は企業ごとに異なりそうです。第二新卒の定義に関しては共通認識はないので、だいたい大学、または大学院卒業後3年目くらいまで、年齢でいうと25~27歳くらいまでを指すと覚えておけば良いと思います。

ただ、第二新卒という枠組みの中でも、当然年齢は若い方が有利だと思われます。あまり歳をとっている人は、イメージ的なのか?分かりませんけど、企業はヤヤ敬遠してくる可能性があります。ただ、それの裏返しになるかもしれませんが、あまりに短期職歴なのもマイナスかもしれません。例えば、入社2年目で再就職を目指すという場合、23歳という若い年齢ですが、職歴が1年くらいしかないとなると、そこをどう評価してくるか?というのは、企業によって微妙なところです。

一般的には短期職歴、そして高齢という2つのネガティブ要素は就職をする際には敬遠される傾向にあります。特に短期職歴については、どうせまたすぐに辞めるんじゃないか?と企業側に思われてしまう可能性がありますから。ただ、第二新卒の場合はちょっと事情が異なるというか、そもそも第二新卒というのは入社後数年以内に辞める人のことですから、あまりにも短期すぎない限りは不利を受ける可能性は少ないと思いますけどね。数ヶ月で辞めるとか、そういうレベルじゃない限りは。

そういう感じで、できるだけ年齢とか、何年目とかは気にしないで第二新卒という形で再出発をしてほしいと思います。ほとんどの人はこういった要素で何かひっかかるものがあるとは思えませんから。それぞれどういう状況で仕事を辞めて、新しい仕事をしようと考えたか?は事情が異なりますから、わずかながらでも培った前職での経験を生かして、それを面接でアピールしてみましょう。新卒よりも経験があって、中途採用よりも若々しさがあるのが第二新卒ですから、その両面を有利に思って、アピールをしていくと良いと思います。


第二新卒の求人を探す場合には、第二新卒専門の求人情報サイトを利用した方がより自分の条件に合った仕事が見つかると思います。「いい就職.com」では、第二新卒用の求人を検索できる他、これから就職活動を始める方のために、各種セミナー、イベント、相談会などを開催しています。会員登録は無料ですので、良かったら利用してみてください。上手く利用すれば、志望動機、自己PRなど、多くの方が抱える悩みが解決できるかと思います。
第二新卒向け就職支援サイト「いい就職.com」
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム