トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

就活の内定の返事を保留したい、遅らせたい人がとるべき方法

就職活動をしていて、内定が出ればそれは本当に素晴らしいことですが、まだ他に受けたい企業がある場合、第1志望の企業の選考が残っている場合、内定を出してくれた企業に即お世話になります!という返事はしないで、保留という形で待ってもらいたい場合ってありますよね。どうしても、まだ受けたい企業が残っている場合などは当然あると思います。企業としてはせっかく採用したんだし、できるだけうちに来てほしいと思っているはずでしょう。

ですから、全く待ってくれないということは考えづらいですが、あまり長い時間待ってくれないのかな?と思います。あまり態度を保留するなら「内定取り消しも覚悟するべき」と書いてあるページもありますが、内定の取り消しは「採用内定当時知ることができず、また知ることが期待できないような事実があって、それが社会通念上相当なもの」として認められないと企業は行えないので、返事が遅れるとか、それくらいのことで内定取り消しが法律上も認められるとは思えません。

ですから、企業が「あまり待たせると内定を取り消しますよ?」と脅迫っぽうこを言ってきても、それを鵜呑みにしないようにしましょう。おそらく人事担当者は法律に疎い人が多いと思いますから。学生も当然法律を知らないから、人事としても適当に言ってくる人は多いと思いますので。人事の言ってくることが必ず正しいとは思わないようにしましょう。そういった意味では、就活をする学生の側も労働法などを勉強していく必要がありそうですね。私は法学部ではありませんでしたが、大学時代に労働法の授業をとりました。

ただ、あまり長い期間待たせるというのも、当然社会常識的にもよくないですし、企業の機嫌を損ねてしまって、仮にそこに入社しても、何らかの影響があるかもしれない。だから、学生の気持ちからしてもあまり待たせたくないというのもあるでしょう。そういうときはどうするか?というと、ある程度早めに「お世話になります」という意思を見せてしまうことです。そして、それ以外の希望の企業の選考を受けましょう。それ以外で内定が獲れなければ、以前示した意志の通り、そのままそこに入社する。

逆により希望の会社から内定が出た場合には、改めて以前内定が出た企業に「やっぱり他の企業に行きます」と電話やメールで連絡をしておきましょう。これが1番学生本人にとって、合理的なやり方だと思います。どっちに転んでも問題ありません。最初に内定が出た企業に対しては嘘をつくことになりますが、これはしょうがないでしょう。内定が出た時点で、学生の方が立場が上なので、どういう方法で最終的に入社する企業を選ぶか?それは学生の自由です。当然、後でこういうことをされると企業側は怒るはずです。内定辞退をしたら怒る人事が増えているみたいですし。

ただ、説教を聞き流しているだけで、希望の企業に行けるのなら容易いことでしょう。内定の返事を保留したいときに1番合理的なやり方はこれだと思います。だって、企業だって選考の結果をすぐに連絡してこないですし。私も経験しましたが、だいたい平均して1週間くらいはかかります。だから、それと同程度くらいは当然待たせても大丈夫なはずです。というか、文句言われる筋合いはありません。だって、大学受験みたいに、ある時期に固まって試験をやっているわけじゃないですから。そのくらいの事情を考慮できないような企業は、ちょっと信用がおけないです。

逆に選考結果の通知なんてのは、1つの企業内でまとまった時期にやっているわけですから、そりゃ早く結果を通知できて当たり前なんです。学生が当然複数の企業で迷うのと、企業が複数の学生で迷うのでは、そもそも事情が全然違うのですから。結局それが嫌なら、各企業で連携して、採用試験を行う時期を合わせるしかないですよ。そうすれば、どの企業もほぼ同じ時期に行い、内定が出るタイミングというのも、どこもほぼ同じで待たされる時間も当然少なくなる。

学生としても、どの企業も同じような時期に採用試験をやってくれれば、日程が被る企業が多く出てきますから、受けられる企業が今と比べても確実に減りますよね。それは就活生全員が平等に受けるので、1企業あたりの倍率は当然下がります。そうなると、内定が出るための難易度は変わらないまま、受けないといけない企業の数が減り、肉体的な消耗度、金銭的負担は間違いなく減りますね。そうなると学歴フィルターとかもなくなるんじゃないですか?

話が逸れてしまいましたが、企業が内定の返事を保留したり、嘘をついてくるのが嫌なら、採用時期を合わせれば良いじゃないか?ということです。企業の都合もあるのは当然ですが、だからといって文句を言ってくるのは学生の都合を一切考えていない企業といえます。採用試験を行っている段階で、学生の事情とかを考慮してくれないということは、当然労働者となって働き始めてからも、彼らの都合は無視されて、会社の都合ばかり優先される可能性が高いです。よって、サービス安行、長時間労働を課して来るような、潜在的なブラック企業の可能性もある。それが分かるだけでも、返事を保留して、企業側の態度を窺ってみる価値はありそうですね。


関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム