トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

第二新卒の面接で、退職理由、辞めた理由のオススメ回答例

第二新卒として再び就職活動をすることになった場合、面接でおそらく確実に退職した理由を聞かれると思います。これはほぼ100%かもしれません。「前職を辞めた理由」といった形で、聞かれるのが一般的かもしれませんが、転職をする場合にはこの質問は避けられないでしょうね。多くの人がこの質問にどう答えるべきなのか?悩んでいるかもしれません。しかし、そんなに悩むことではないんです。というのも、別に前職を辞めた理由をストレートに答える必要はないからです。

前職を辞めた理由というのは、実は志望動機を聞いているに等しいと考えましょう。以前、私はこういう質問への答え方を聞いたことがあり、そこで紹介されていた回答方法がかなり頷けるものだったので、それをここで紹介したいと思います。前職を辞めた理由や退職理由を聞かれた場合には、そのまま答えないようにしましょう。考え方を変えるのです。前職を辞めて、新しい会社に入ろうと思った理由は何ですか?と聞いていると思ってください。だから、志望動機を聞いているに等しいのです。

前職を辞めた理由というのをそのまま答えようとすると、どうしても前の会社の嫌いなところとか、不満なところをぶちまけることになってしまいます。しかし、そういうネガティブな回答をしてしまうと、嫌なことがあれば、またどうせすぐ辞めるんだろう。と思われてしまいがちです。それは絶対に避けるべきですし、そもそも面接の最中に自分の品位を落とすような、マイナス発言は絶対にしてはいけません。常に前向きな姿勢で回答するようにしましょう。

ですから、前向きに回答ができるように質問の解釈をちょっと変えてみます。前の会社に嫌なことがあったから辞めたのではなく、この会社にやりたいことがあったから辞めたんです!そう胸を張って言ってみれば良いと思います。こういうことを聞いて嫌な気分になる面接官はいないと思いますから。やりたいことがあると聞けば、かなり積極性も窺えますし。こんな感じのことを意識して、こういった質問には答えていければ良いと思います。

そのときには自分の経験したことが確実生きるということをアピールする必要があります。まず、新しい会社でやりたいことというのを述べて、それをやりたいから転職したいんだということを話します。それに付け加えて、前職では私はこんな仕事を経験しましたが、それが御社ではこういった業務で生かせると考え、私は前職を辞めて御社で仕事をしたいと考えました。そういった流れが良いと思います。ポイントはとにかくマイナスイメージを残さずに前向きな回答を意識することです。

おそらく面接では自己PRも同時に聞かれると思うので、その自己PRの内容も合わせて回答ができると良いと思います。前職で培った経験を御社で生かしたいと考えたから、前職を辞めてまで御社に入りたいんだ!と語ることができれば、相当の熱意を感じることができると思います。突き詰めれば、面接というのは自己PRや志望動機以外のことは聞かれない。それが形を変えて聞かれているだけ。という言葉を聞いたことがあります。確かに言われてみれば、その通りな気がするのです。

この前職を辞めた理由、退職理由というのもおそらく志望動機、どれだけうちの会社に熱意を持って入りたいと思っているのか?それを聞きたいから質問する部分もあると思います。質問をされたときには文字通りに受け答えをするのではなく、ちょっと考え方を変えて答えてみると、より魅力的な適切なアピールになると思います。第二新卒の方は新卒の方と比べてアピールできる実務経験を積んでいるわけですから、そこを絶対にアピールしないともったいないです!どういう質問に対しても、常に自分をどうやったらアピールできるのか?を1番に考えて回答するようにしていきましょう。


関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム