トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

内定式は本人が望むなら、理由を問わず欠席、辞退OKな気がする

毎年10月の始めくらいになると、各企業の採用活動も一段落して、内定式というものが行われると思います。内定式自体には特別な意味があるわけではなく、内定者同士が事前に集まって、顔を合わせて楽しく食事したり、酒を飲んだりするというのがだいたい通例じゃないでしょうか?内定者同士の懇親会というか、サークルの新入生歓迎会みたいなもんで、一種の儀式です。でも、毎年この季節になると悩む人も多くて、それはそもそも内定式は出ないといけないものなのか?とか、できれば欠席したいといったものです。

どうせいつかは顔を合わせることになるのだから、別にこの時期に会わなくなって良いじゃないか!というものでしょう。企業側としては内定式を開催したのだから、是非全員に出てほしいと思っているはずです。しかし、どうしてもその当日に欠席をしないといけない用事がある場合にはやむを得ないと思います。常識的に考えて内定式より優先すべきものがある場合には、それを素直に伝えてみましょう。普通の企業であれば、咎められることもないと思います。例えば、貴重な学生最後の時間を留学に充てたいとか、後は単純に体調不良とか、風邪とかでもしょうがないのではないでしょうか?

内定式は本来であれば、単なる儀式なんかではなく、もっといろいろな意味があって、教育、研修なども行う場となっているようですが、これってこの時期にやる必要あるのかな?という疑問が拭えません。別に入社してからもやるんだし、10月の時期にやって、4月までそれが保っていられるのだろうか?と思います。内定式で行うことが別の機会に代替できるというか、代替されている印象です。そういう本来の内定式が行われている企業がどれだけあるのか?また、それって必要なのか?内定を手にした学生も内定式に出る前に1度考えてみる必要がありそうです

。実際問題として、内定式自体は1日しかなく、代替日もありませんから、出られない人は絶対に少なからず出てきてしまいます。そういう人が一定割合いるにもかかわらず、1日しか開催日を設けていないのなら、出る必要性というのもなんとなく想像ができると思います。ただ、そういう理由がないのに行きたくない場合は、嘘をついたりして欠席するという方法もありますが、そういうことをしてしまう後々いづらくなってしまう可能性があります。というのも、内定式を通して内定者同士ある程度仲良くなりますよね。特にコミュニケーション能力に優れた人たちは、この場で相当打ちとけられると思います。じゃあ、後日(例えば入社式の日)、再度内定者が顔を合わせたときに、自分も他の人たちと打ち解けられるか?というと、それは分かりません。本人のコミュニケーション能力次第かと思います。

あと、内定式を欠席すると、やはり企業の人の印象があまり良くないです。先ほど挙げたようなやむを得ない事情ならばしょうがないでしょうけど、単に行きたくないから欠席したなんてことがバレると、当然実際に仕事を始めたときにも影響が出ないとは限りません。内定式に欠席しただけで、内定取り消しみたいなことになるとは思いませんけど、後々仕事をするうえでも周囲と協調性を保てるのか?と思われたりするかもしれないのです。でも、どうしても欠席する場合には電話かメールで早めに伝えておきましょう。

最近はこういう集まりだったり、会をあまり好まない人が増えていると思います。会社で飲み会をやっても参加したくない社員は増えていますし。内定式だって、その内容の多くは飲み会の延長みたいなものでしょうから、そういう場が苦手という絶対に大勢いると思います。仕事を始めた後も、飲み会の開催は当然あるわけで、それに参加しないで、自己流を貫いていくというのもおかしなことではないと思います。仕事は仕事と割り切って、単にお金を稼ぐ手段として会社で働いているだけ。と思っている人もいるでしょう。

だから、別に仕事で生きがいや楽しみを見つけようとか、そういうことを考えていないような人、ただ無になって会社に毎日通勤して、仕事を淡々とこなす。周囲との協調性なんて知ったことか!と考えているような人は内定式に出なくても、その考えに支障をきたすことはないと思います。ですから、会社で働くということをそういう風に捉えている人は、別に内定式に無理に出る必要は無いでしょう。逆にそうじゃないのなら、出た方が無難だと思います。

自分にコミュニケーション能力がないと自負している人ほど、最初の1回目を逃すと、後々周囲との関係がこじれてきやすいのです。誰あいつ?みたいな雰囲気にならないとは限りません。そんな感じになっちゃうと、自分自身がその会社で物凄く働きづらくなってしまいます。嫌ですよねそんなの?そうなるかどうか?というのは、内定者同士の性格とかにもよるのですが、そうならないためにも特別な用事がなければ、参加しておくことをおすすめします。案外、参加してみると気が合う人が多かったりして、楽しいかもしれませんし。

内定式の開催時期はだいたいが足並み揃えて10月1日くらいだと思います。会社の偉い人が多数出席する場でもあり、貴重な会といえば、貴重だと思いますが、内定式が私は特別必要ではないと思います。中にはやらないと企業もあるみたいですし。これもおそらく多くの企業がやっているから、じゃあうちもやるか!って感じで、特に開催の必要性とか、合理性を考えて始めているところが実は多いんじゃないか?と思うのです。単にやっているところが多いから。やらないとおかしいみたいな雰囲気になって無理矢理開催しているところもあるんじゃないかな?と思っています。仮に内定式が企業にとってそういう位置づけなら、やっぱり無理に出席したくないと思う人がいても当然でしょうね。


関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム