トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

国家一般職の人事院面接の配点、倍率は低く、合格率は高め

国会一般職は7月から8月にかけて官庁訪問がスタートするとともに、人事院面接も受けてそれを合格しないといけません。せっかく希望の官庁から内定が出たとしても、人事院面接で不合格となると、意味がありません。ですから、官庁訪問もそうですが、人事院面接もしっかりと対策をしていく必要があるでしょう。ただ、倍率もさほど高くないですし、他の人の体験談なんかを見ていると、時間も短くて、割と簡素な感じで行われる面接のようです。

地方公務員は全体的に面接試験重視ですが、国家公務員の場合はだいたいが筆記試験重視なため、最終合格までに面接試験の重要性は乏しいです。国家一般職の場合は最終合格をした後も官庁訪問で、面接、集団討論(グループディスカッション)などをこなしていかないといけないので、その後は完全に人物重視の試験となりますけど。ただ、最終合格まででいえば、人事院面接の1回だけだと思われますから、基本的にはほとんどが筆記試験の点数で決まるといっても過言ではありません。

詳しい配点はちょっと分かりませんが、評価の割合でいえば、面接試験の割合は全体の2/9に過ぎません。約22%、5分の1に等しいです。教養試験、専門試験、論文試験で7/9ですから、いかに筆記試験が大事か?というのは分かります。このことから分かるように、筆記試験で一次試験は通過したものの、かなりボーダーギリギリという人は面接試験が得意であったとしても、挽回するのは非常に難しいと思われます。過去の傾向を見ても、国家公務員の面接試験はABCDEの5段階評価みたいで、Eは即アウトらしいです。ただ、このEが出ることはまずないみたいで、だいたいがB~Dに固まると予想だれます。この3つの段階に多くの受験生が集中し、かつ面接試験の配点が低いということを踏まえると、BとかAをとれれば分かりませんが、標準的な出来(CとかD)であれば、ほぼ逆転は不可能となると思います。

配点がやっぱり、全体の2/9と低いですから、よほど優秀な人、よほど酷い人を除けば、あとはあまり差がつかないのでしょう。ですから、一次試験で割と良い点数がとれた人は、チャンス!と思って人事院面接に備えましょう。普通にやれば合格は問題ないと思われますから、ただ、筆記試験の点数が良かったからといって、油断はしないようにしましょう。人事院面接の倍率は低いです。公務員試験の中では、低い方に入ると思います。だいたい1.5~2倍くらいです。2倍に近くなることはなずないと思いますけど。

半分以上の人は受かると思って良いでしょう。そして、先ほども言ったように筆記試験の順位がかなり加味されますから、人によっては実質倍率は違うというか、面接を通過する難易度は異なると思った方が良いでしょう。筆記試験の択一試験が満点なら、ほぼ1倍に近いくらいの難易度でしょうし、ボーダーギリギリの人は2倍くらいあるのかもしれません。見た目の倍率は全体の倍率に過ぎませんから、1.5倍くらいだとしても、全員が1.5倍だと思わない方が良いと思います。

あと、よく言われるのは男女で倍率が違うということです。これは細かいデータはちょっと分かりませんけど、厳密にいうと、多分男女で倍率は少し異なると思われます。特に公務員試験は女性の受験者が男性よりも相対的に少ないので、地方公務員、国家公務員をとわず、女性有利とも言われています。それが顕著なのは裁判所職員の試験みたいです。ここは男性にとってはかなり狭き門みたいで、面接を突破して合格を掴み取るのは絶望的という過去のデータもあります。

ただ、幸いなことに国家一般職はそこまでの男女の偏りはないようなので、あまり気にするほどでもないと思います。国家一般職はすでに述べたように倍率も配点も低い方です。だから、普通に面接対策を進めれば良いと思います。しかし、ボーダーギリギリとか、筆記試験があまりできなかった人は、面接大の得意!と自信のある人を除いて、国家一般職に全力投球するのはあまり得策じゃないかもしれません。一次試験通ったのがここしかないとかなら話は別ですが、そうじゃないなら、他の試験種(特に面接の配点が高い地方公務員)に力をより注いで、国家一般職はそこそこの対策にしておいた方が力の入れ具合という意味では適切かもしれません。

実際問題として、筆記試験で出遅れるとかなり挽回が難しい試験種のようですから、そこを自分自身で認識して、合格可能性がよりある試験種の面接対策に尽力した方が良いのかな?と思います。公務員試験にしては珍しく筆記試験重視の国家一般職の面接試験の全体像を把握して、効率的に有効な面接対策を練り上げていってください。頑張れば合格率は割と高い試験種ですから、まずは人事院面接を突破して、同時に行っている官庁訪問に集中できるようにしていきましょう。


関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム