トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

国家一般職の官庁訪問を行うべき時期や回数は?

国家一般職の筆記試験が終わり、今後は説明会参加や官庁訪問について調べないといけない季節になりました。官庁訪問は官庁訪問という名称になってはいますが、実質面接の場と位置づけた方が良いように思います。それくらいに大切な時間だからです。中には「採用とは関係ない」といったことを話す場合もあると思いますけど、あまりに鵜呑みにしないように、きちんと官庁訪問も初回から受験生の品定めがされている可能性を考えて、行動していきましょう。

また、官庁訪問は1回で終わるようなことはあまりなく、2回、3回、もしくはそれ以上1つの省庁で行われることが多いです。ですから、1つの省庁だけでも参加するのが大変です。また、日程の許す限りできるだけ多くの省庁の官庁訪問に参加しておいた方が良いかもしれません。官庁訪問は1回で終わることは少ないので、回を追うごとに内容もちょっとずつ変わってくるでしょうし、1番気付くのは参加している省庁の人間がその都度変わってくるということです。

しかしも、聞いた話によると、回を追うごとにどんどん上の立場の人間が参加するようなので、気が抜けません。おそらくチェックもどんどん厳しい感じになるというか、もしかしたら圧迫面接のようなこともありえるかもしれません。勿論、初回だからといって気を抜いていいわけではありませんけど。訪問カードというものを書かされるので、当然それは後日担当者がチェックしますよね。こういうところでも何を見られているか?分からないので、事前にいろいろと調べてから行った方が良いですし、参加している最中も真剣に聞いて、この官庁訪問で自分は何を得たのか?帰るときに実感できるくらいに集中しておきましょう。

ちなみに次の官庁訪問の参加については、1回目のときにその場で予約を入れる場合もありますし、そこでは特に何もせずに後日、改めて連絡が着て予約を入れるという場合もあります。後日といっても、いつくるか?は官庁次第です。その日のうちに来るケースもあるようですし、日が空くケースもあるようです。さらに言うと、来ないケースというのも考えられます。それは1回目の官庁訪問で選別をすでにされてしまったから。かもしれません。だから気が抜けないのです。

ちなみに、予約の連絡は電話でくるみたいですが、非通知でくることも多いようです。ですから、私なんかは非通知の着信は基本的に出ません。そういう人も中にはいるかもしれません。ただ、この時期は非通知でも、知らない番号でもとにかく電話に出ましょう。官庁訪問の大切な連絡かもしれませんから。ちなみに1度着信が鳴って出られないという状況が起きたら、再度かかってくる保証はありません。民間企業とかだと、1回かけて出なかったらもう2度とかけないという企業はあるようです。公務員試験ではどうなのか?分かりませんが、とにかく油断しないようにできるだけ1度で出ましょう。

基本的に1回目の官庁訪問はほとんど選考的なものは行われないようですが、厳しくチェックされるということは忘れないでください。多くの場合、2回目の官庁訪問あたりから本格的な面接なども行われて、選考が行われると思います。そして、このあたりから人事院面接も行われ、3回目あたりにその合否結果を知らせるという形になると思います。この面接も1回じゃなくて、何回も繰り返し行われることもあります。また、論文を書かせたりすることもあるようなので、引き続き論文試験の対策もしていった方が良いのかな?と思います。

そして、官庁訪問がスタートする時期ですが、一次試験の合格発表が7月の前半あたりにあると思います。その翌日に官庁訪問を行うにあたっての説明会のようなものが開催され、その説明会の翌日からいよいよスタートすることになります。詳しい日程などは各省庁などによって異なりますから、各自で自分が参加したいと思う省庁の官庁訪問の日程などはチェックしてほしいと思います。官庁訪問が始まると、それを行っていく中で二次試験の面接があると思います。それもこなしながらの官庁訪問になりますから、大変だと思います。

人事院面接に受からないと、官庁訪問をしていく意味もなくなってしまうので、官庁訪問は内定につながる大切なものですが、それ以上に人事院面接に合格することが大前提となりますから、こちらの対策も同時に行っていく必要があるのです。国家一般職は他の試験種に比べて、内定を貰えるまでの道のりがとても長いですし、ハードです。官庁訪問だけではなく、人事院面接の対策も疎かにできませんから、気合を入れて二次試験以降の対策をしていく必要があるのです。さらに他にもたくさん受けていて、かつ一次試験が通った場合には、そちらの面接試験の対策もする必要があり、器用さも要求されるかもしれません。とにかく長い戦いになると思われますので、暑い夏に行われるということもあり、体力と気力は十分蓄えておいてください。


関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム