トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

公務員試験で圧迫面接が来たら合格フラグ!そのための対策

公務員試験を受けていて、圧迫面接がくることもあたまにあるかと思います。個人的に理由があったとしても圧迫面接をするような人間は嫌いですが、公務員の場合はそういう事態に遭遇することも多々あるかもしれません。それは住民と接する機会が多く、住民は「どうせあたしたちの税金で生活しているんでしょ?」って感じで、上から目線でものを言ってくる傲慢な人たちもいるからです。税金で生活していると、どうしてそんなに偉そうになれるのか?不思議でしょうがないのですが、実際、こういうことを言ってくる住民はいるし、そのときに冷静な大人な対応をしていく必要があるのでしょう。

だから、それを面接の段階で試しているという見方もできます。この人はクレーマーみたいな住民が現れた場合に、キレたりしないだろうか?ということを受験生に試してみて、それで大丈夫なら一気に評価はうなぎのぼりかもしれません。圧迫面接って、結局はチャンスだと思います。それは圧迫面接をすることはリスクを抱えることにつながるからです。当然、圧迫面接は受験生を傷つける発言をするわけですから、印象は悪くなり、2ちゃんねるとかに書かれますよね。民間企業じゃないので、それで不買運動が起きるとかはないでしょうけど。

ただ、どうしても体面をできるだけ保ちたいでしょうから、そういう嫌な思いをさせたいなんて気持ちはないはず。ということは、そんなことをあえてするのは、これは!と思えるような人材と出会ったときだけ。必要最小限の人に対してのみ行われると考えるのが良いような気がするのです。つまり、圧迫面接が自分に対して行われたら、これはフラグ!と思っても良いような気がするのです。あと一歩ですよ。内定まであと少しのところまで来たということだと思います。

せっかく圧迫面接が来たのなら、そこで内定をがちっと引き寄せるためにも、ベストな対処をしていく必要があります。基本的にはまず怒ってはいけません。キレても勿論いけない。来ることを想定しておいて、いざときには「演技、ご苦労さん(笑)」って、心の中で思えるくらいの精神的余裕を持っていましょう。面接官はあなたの自己PRとか、話した内容についてをけなしてくると思われますので、それに対して謙る姿勢を見せましょう。謙るというか、力の足りなさを認めてしまうというところでしょうか。

反論みたいなことはせずに、「確かにおっしゃる通りで・・・」みたいな感じで、とりあえずはペコペコする姿勢で良いような気がします。ただし、ずっとそれをやっていれば良いというのではなく、最後に向上心を見せます。例えば、自己PRで話したことに対して、そんなアピールじゃ公務員は務まらないよ?などと言われたら、最後の方に「では、どのようなアピールならば、公務員として適切でしょうか?今後精進致しますので、お聞かせください」といった感じです。

公務員試験の面接対策は独特ですし、民間企業とは違った難しさがあると思います。そのときに参考にしてもらいたいのが以下の面接対策本ですね。


圧迫面接などを含めて、公務員試験の面接で特に問われていること、見られていることについて詳しく解説してくれているのが、以下の本になります。公務員試験の面接対策本の中でも、非常に人気の一冊だと思います。公務員試験の面接に受かるために必要なコツやアドバイス、対策のやり方を丁寧に解説してくれているほか、具体的に予想される質問について、20個くらいかな?適切な回答の仕方などを載せてくれていますから、参考にしても良いでしょう。

圧迫面接が来たら、基本的には怒らず、キレず、取り乱さず、圧迫面接中は冷静に大人な対応をします。自分の力の足りなさを認めてしまって、そこから自分が公務員に適切な力をつけていくにはどうすれば良いのか?そういった公務員になるにあたって、前向きな気持ち、向上心を見せることができれば、きっと印象が良いのではないでしょうか?要するに、これが面接官じゃなくて、住民に言われたら、じゃあその場を切り抜けるのがベストか?ということと同じような気がします。住民はろくな知識もないのに、偉そうなことを言ってくる人もいるかと思いますけど、おそらく公務員として求められるのはそこで正論を言い放つのではなく、宥めながら、機嫌を直してもらうということなのでしょう。

公務員がそこまで住民に媚びへつらう必要性があるのか?というのは別問題としても、何かと妬まれたり、嫌われる存在である公務員は、あまり住民に楯突く存在じゃない方が良いのでしょう。だから、無用なトラブルを避けられそうな、大人で冷静な対応をしてくれる人が欲しいのではないか?と思われます。したがって、皆さんも公務員になりたいのであれば、こういう人柄でいるというのも大切なことであって、圧迫面接を受けても、常に温厚な人柄でいられるかどうかは大きいです。態度が豹変してしまうような人は、一気に不合格フラグへと変わってしまいます。


関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム