トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

就活の圧迫面接のベストな対応は?面接官の意図を理解しよう

就職活動や公務員試験を受けていれば、一定の確率で出現する圧迫面接にどう対応したら良いのか?分からない学生も多いかもしれません。圧迫面接もそう多くの企業で行われているというわけではありませんが、もしそういう質問に遭遇したら狼狽してしまって、どうしたら良いのか?分からないというのでは、ちょっと勿体無いですね。ですから、きちんとした対策をして、ベストな対処法を学んでから、いざ就職活動の面接に臨んだ方が良いでしょう。圧迫面接はいきなり面接官の態度が豹変して出現することもあるので。

圧迫面接というのは、いくつかの形態があるのかもしれませんが、1番多いのは侮辱的なことを言われたり、バカにされたり、厳しいことを言われてしまう。学生の発言をすべて否定してしまうというのがよくある圧迫面接という形です。圧迫面接に慣れていない人はあたふたしてしまうと思いますが、「あ!これが圧迫面接か、ついに来たか!」と、余裕を持って迎えられるようにしましょう。では、こういった圧迫面接の対応方法について紹介していきます。

圧迫面接攻略の鍵は圧迫面接がそもそも、何のために行われるか?ということを考えることです。圧迫面接は、社会人なら誰もが経験するような理不尽な事態に陥ったときに、冷静な対応ができるか?を見ていると思われます。ビジネスの場では、相手(会社)があってのことですから、そういうところと上手く関係を作っていく必要があります。何を言われるか?
分かりません。無理難題を言われたり、ちょっとバカにされたり、そういう瞬間もあるかもしれない。

そういう理不尽な事態が起きることを前提にして、あえて新入社員にそういう場でも冷静な対応ができるのか?我が社と他の会社との関係をぶち壊すような人材ではないか?というのをチェックするためだと思います。したがって、圧迫面接をしてくる企業というのは、実は入社後にそういう理不尽な事態が数多くありますよ?というサインえもあります。そういう企業に仮に入社して大丈夫なのか?長く勤めていけるのか?圧迫面接に出くわしたときは就活生の方も考えていく必要があります。

ですから、入社後に他社と取引をしたりするケースを想像し、そういったときにとるべき大人の対応が求められるのです。ポイントとしては、何を言われてもそれは面接官の演技なので、「演技頑張ってますねw」と、スルーできるような姿勢が求められます。圧迫面接も通常の面接と対応の仕方は一緒です。ただ、若干謙りながら話していくことが求めれるのです。例えば、「君、〇〇でアルバイトをやっていたことをアピールしているけど、そんなのうちじゃ通用しないよ?」という、偉そうなことを言われたら、何と返すべきでしょうね?

「いやいや、お前が言うなw」と心の中で思うのは仕方ありませんが、口には出さないようにしましょう。こういう場合は「では、どこでどういうアルバイトをしていたら宜しかったでしょうか?御社の力になりたいので、参考までにお聞かせください」といった、回答が良いかもしれません。とにかくポイントとしては、怒ってはダメですし、極端な反論もダメ、場の空気を壊さないように、実際の商談の場だとということをイメージして、相手の気持ちを慮りながら、回答していくことが大切なのです。

圧迫面接がくるのはだいたい選考の中でも後半の方です。それに圧迫面接は全員にやるわけじゃありません。むしろ、この人採りたいという気持ちがちょっとでもあるような場合に行われる可能性があります。それは先ほども言ったように、実際の商談などを行う場で、問題なく対処していく行動力があるか?どうかを見極めたいから。また、圧迫面接というのは、いろいろなところで言われているように問題も孕んでいるので、企業イメージを損なう可能性もあります。2ちゃんねる、みんなの就職活動日記などに書き込まれて、情報が共有されてしまうリスクもある。そうなると、次年度以降の採用活動にも影響が出かねない。そういうリスクがあるにもかかわらず行うのです。

逆にそんな大きなリスクを冒してまで圧迫面接を行うような人というのは、それだけのリスクを冒す価値をその学生に見出していることを意味しています。それにリスクを冒すのは最小限にしたいと思っており、数少ない期待できそうな学生に対してだけ、あえてやっているのでしょう。ですから、圧迫面接がきたら、実は喜んで良いというか、かなり企業が自分に注目してくれている!というサインでもあると思うのです。ですから、圧迫面接が来たらチャンス!内定が近い!と思い、あと一分張りだと思って頑張りましょう。

基本的に圧迫面接が来たら、謙ること、そして向上心を見せることが大切だということです。圧迫面接は受験生を小ばかにして、見下してくる手段が多く使われますが、面接官が指摘する点をまず認め、それを改善するにはどうするべきか?それを探るような答え方をすると良いのではないでしょうか?実際、こういう場面が仕事をしているときに訪れたとしたら、同様の対処が1番適切だと思われます。圧迫面接は面接官が期待をかけている人に対してのみ普通は行われると思いますから、その気持ちを汲み取って、私は社会人になっても理不尽な修羅場は問題なく潜り抜けられますよ!ということを存分にアピールしましょう。

就職活動をしているときに随時エントリーをしていくと思いますけど、そのときにどうやって企業を選んでいますか?適当にフィーリングで選んでいると、そこに仮に入社できたとしても、後悔したり失敗する可能性があります。だから、是非慎重にエントリーする企業、説明会や面接を受けていく企業を選んでほしいと思うのですが、そのときに有効なのは「」になりmす。これは転職者のための企業選びの参考になる口コミサイトなんですが、企業選びという点では転職も新卒の大学生も一緒ですからね。実際、新卒の大学生も登録可能ですし、多くの学生が利用しています。知っておいた方が得だと思います。

ここには全国のあらゆる企業の評判、口コミが載っていて、実際に働いたことのある人からのその会社に対する満足いっているところ、不満なところ、給料は高い?安い?残業や休日出勤はどれくらいある?といった就活生なら誰でも知りたいことが書かれています。書き込みは匿名ですから、あえて自分の立場を気にしないで堂々と本当のことが書けるじゃないですか?だから、信用力もあると思うし、参考になる部分も大きいと思うのです。無料で利用できるので、具体的な企業名を入れて検索すると、口コミが投稿されている場合にはヒットします。今後このページをご覧になってくれた方の就職活動が、企業選びがより上手くいってくれると非常に嬉しいですね。



関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム