トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

ワープアな働き方でも、パワハラや過労死がないだけまだマシかもしれない

私は今のところ稼ぎは全然少ないです。実家住みですからまだなんとかやっていけますが、一人暮らしをすることになったらヤバイですね。ただ、今の働き方は自営業ともフリーランスともいえるようなものですが、一般的なサラリーマンが抱えているようなリスクがないというのは、働いていくうえでは非常に大きいのではないか?と思います。

サラリーマンといえば、全員が全員そうではないものの、私のイメージでは週のほとんどが残業で、定時を過ぎても帰れない。残業代がきちんと出れば良いですが、出ないサービス残業も非常に多いみたいです。毎日一体何時に帰っているのか?それすらも予想できないくらいの多忙な毎日を送っていると想像できます。

それが行き過ぎると、過労死になったり、そこまでいかなくても体調を崩したりする恐れがあるわけです。正社員というプラチナカードを失いたくない!だからこそ、クビにならないように残業も何時間だってこなさないといけない。会社に従うしかない。会社もそんな労働者の心情につけこんでか、さらなる過剰な労働を要求する。まさに精神的にも、肉体的にも奴隷状態です。

そして、それらのケースの中の数パーセントくらいで過労死などの大問題になってしまうのでしょう。正社員としてプラチナカードを失いたくないがために、命を削る行為をしている。そして、結果的に命を失ってしまった労働者がたくさんいるわけです。こういう現実を目の当たりにすると、本当にそんなリスクがない今の働き方はある意味恵まれているのかな?と思います。

過労死まえいかなくても、パワハラなどで病んでしまう人も多くいるようで、結局人付き合いはとても難しいものだということでしょうけど、中でも職場での人付き合いは本当に大変ですね。自分と合う人が上司とかなら良いでしょうけど、そうじゃない人が上司になったら何を言われ続けるか?分かったもんじゃないです。

人生は運ゲーなんて言葉もありますが、本当にそうなんじゃないか?と思いますね。特に社会人になれば、人生の大半が仕事で埋め尽くされる人が多いわけですから、その仕事が運ゲーならば、人生=運ゲーといっても差し支えないのかもしれません。

そういう意味では、自分で労働時間も自由に選べる今の働き方は仮にワープアだったとしても、過労死やパワハラに遭うリスクがとてつもなく小さいです。サラリーマンとしての働き方に憧れている部分がないわけではありませんが、死ぬリスクを負ってまでやれる仕事ではないですね。


ランキングに参加中です!良かったらクリックお願い致します!→ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム