トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

新卒でベンチャー企業に就職するリスクを心配してるのは両親

今の新卒の就職活動では、ベンチャー企業に就職をする人も大勢いると思います。というか、ベンチャー企業の数が非常に多くなって来ているので、そういうところにも目を向けていく方が就職可能性は上がるのかもしれません。ただ、実際に就職活動をしている学生の親の目線からすると、そういう企業への就職はやめてもらいたいと思っている人が多いみたいです。詳しい理由はちょっと不明なものの、こういった保護者の意見に対して、堀江貴文氏は以下のツイートをしています。



私が学生だった頃、ベンチャー企業にちょっとだけ興味がありました。というのも、IT企業に興味があって、IT企業の場合は頻繁に新しい企業がどんどん生まれている感じで、創業当初から仕事にかかわれたら・・・。なんて期待も持っていました。その後、就職なんて道を歩もうとは思わなくなり、ベンチャー企業に限らず、就職なんてありえないという考えのもと、今日まで生きてきたのです。

ベンチャー企業って、発車したばかりだっから先が読めないし不安というのもあるかもしれません。大企業になるかもしれないし、すぐに潰れるかもしれない。すでにある程度経営されてきた企業。特に有名企業と比べると、親の目線からすると、どうしても不安なのでしょう。これは多少は理解できます。それにベンチャー企業の方が労働環境が劣悪であるケースが多いように思います。それは事業が軌道に乗るまで、必死こいて業績を上げていく必要があるために、ちょっと無理をさせてでも、従業員を働かせないといけない理由が存在するからです。

創業して数年間くらいは勝負の期間が続くのかな?と思います。軌道に乗るまでは、ちょっときつい毎日が続く。会社がいつ軌道に乗るか?もワカラナイ。いつまでも続ききつい仕事、最終的には軌道の乗らずに倒産・・・。というのが最悪の結果です。ベンチャー企業っていうのは、本当にこういうリスクが常に存在するはずです。すでに長く経営してきた企業というのは、事業が軌道に乗っているはずで、そう簡単に潰れることはないだろう。と思います。

親が心配に思っているのは、こういうところかもしれませんね。安定性とブラック企業になりうる可能性を危惧しているのかもしれません。個人的にはベンチャー企業だろうが、公務員だろうが、今は仕事きついですよね。安定性という面では異なりますが、私が今問答無用で公務員になれると聞いても、多分ならないと思います。今の生活から公務員としての生活とか無理ですよ。今は1日数時間しか仕事していない。しかも、仕事というよりは遊びに近いかもしれない。

それが対人関係が増えて、ストレスの溜まるような仕事がどんどん降ってくるでしょうし、最低でも1日8時間以上は働かされる。給料が良いか?と言われれば、そうでもない。そして、多くの人から嫌われる職業となってしまっています。だから、公務員だって雇用される働き方には変わりないので、ほとんど言いなりになって動くだけ。それだけ大変だということですよ。私が親なら、学生のうちから自力でお金を稼ぐ方法を身に付けさせますよ。就職しても良いですけど、クビになったりした場合にあたふたしないで済むための、第二、第三の収入源を確保させておきます。というか、「とりあえず公務員以外はやめとけ」って、多分言うと思います。過労死のリスクがある働き方はさせたくない。もっとのんびり労働をしてほしいので。公務員も何年かしたら、過労死出るかもしれませんけどね。

そんな感じで、私の考えでは大企業だろうが、ベンチャー企業だろうが、就職して働くことはおすすめしない。自分が就職しないでお金を稼ぐ方法を身に付けて、それを子供に伝授したいと思っています。それでも子供が会社とかで働きたいというのなら、本人の意思を尊重しますけど、個人的にはブラックな労働環境が蔓延る世界に子供を行かせたくない。という思いが強いです。1番良いのは働かなくても生きていける世の中の到来ですけどね。いつ実現するんですかね?(笑)

就職活動中の学生は、とにかく内定を獲ることだけで必死だと思いますけど、何も考えずに就職活動を進めていると、無い内定フラグが立ちまくっている可能性があります。それはどういうことか?というと、リクナビとか、マイナビを中心に進めている人は間違いなく多いですよね。ただ、そういった方は無い内定に陥ってしまう可能性が相対的に高いと思います。というのは、リクナビやマイナビは誰でも使っているからです。誰でも知っているサイトだから、あなたも登録したのでしょう?それはみんな同じです。みんなが使っているとなると、当然リクナビやマイナビに求人を載せている企業には多くのエントリーが集まってしまいますから、リクナビとマイナビしか使ってない学生というのは、そういう膨大なエントリーの中で=高い倍率の中で勝負しないといけない事態ということなのです。

倍率が高ければ高いほど内定獲れる確率は下がりますから、リクナビやマイナビも使って良いのですが、別のサイトも併用することでリスクを下げることが内定を獲るために必要な秘訣です。じゃあ、どういうサイトがあるのか?というと、穴場的なのは「就職AGENTneo」です。ここは新卒の大学生なら誰でも利用できるサイトで、単なる求人応募のためのサイトじゃないのです。それはどういうことか?というと、例えば就職活動のプロが面接対策を行ってくれて、直々に面接スキルやマナー、受け答えの練習に付き合ってくれて、アドバイス等をしてもらえます。また、就活専門のカウンセラーが常駐しているので、その人にいつでも悩み相談ができるほか、適職紹介などもしてもらえます。

さらに凄いのはこの就職エージェントneoから紹介してもらった求人に応募すると、就職エージェントneoの担当者から、推薦というか、企業側に直接アピールしてくれるので、選考に通る可能性が上がります。そして、もし選考に落ちた場合であっても、その理由などを細かく教えてくれるフィードバックが期待できるのです。理由を知ることができるのは大きいですよね。これは普段から、求人を貰っている企業と付き合いのある就職エージェントneoが信頼されているからこそ実現できることでしょう。こんな感じで、リクナビやマイナビを利用していてもまず与れない手厚いサービスが受けられるのが特徴であり、求人にエントリーするだけではなくて、自分自身が内定に近づけるという実感を得られるサイトだと思います。利用は無料ですし、他の就活生は絶対に知らないサイトだと思いますから、本気で内定が欲しい人、ライバルに差をつけて、「あれ?お前まだリクナビやマイナビ使ってるの?」と言いたい人(笑)は是非オススメしたいと思います。

周りの就活生に差をつけたいのなら「就職エージェントneo」は特にオススメ!


関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム