トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

公務員試験は学歴、年齢は関係ない←これは嘘だと思う

今年もそろそろ公務員試験の面接試験の季節でしょうか?面接対策に勤しむ人にとっては、水をさす内容かもしれませんが、1つ言っておきたいことがあります。特別区の採用試験のページには以下のようなQ&A(http://www.tokyo23city.or.jp/saiyo/qa/qa_common.htm#b02)が書かれています。

Q・東京23区内に住んでいないのですが、受験や合否の際に影響しますか。また、年齢や学歴についても影響することがありますか。

A・各試験区分の受験資格が満たされていれば、住所、学歴などについてはまったく影響ありません。

へー。って思った方もいるかもしれませんが、私はこれ嘘だろうって思っています。というのも、特別区の採用試験では面接カードに年齢や性別を書かせるかららしいからです。住所は書かせるのはしょうがないにしても、年齢や学歴を書かせるということは、それを評価の対象にしているからに他ならないからだと思うのですが。面接カードに書いて、面接官が自由に閲覧できる状態にしていながら、合否に影響がないって、普通に考えたらありえないでしょ。

年齢に関しては、どうせ内定後に嘘をついてもバレるでしょう。年齢制限を越えていたりする人が受かっても、後ですぐバレるのだから、嘘をつくメリットが乏しすぎる。だから嘘をつく人はまずいないと思います。仮に年齢詐称などのために年齢を書かせて、結果的に年齢詐称が防げたとしても、それは反射的に面接官に年齢の情報が知れ渡るのだから、合否に影響は少なからず出るはずです。それに年齢を書かせたとしても、嘘をつくことは可能ですし。

学歴なんてもっとそうですよ。別に学歴に条件をつけて、受験資格を制限しているわけではない。なら、合否に影響がない(どんな学歴であっても構わない)というのなら、学歴を書かせる意味がないのです。にもかかわらず、書かせるなら、それは合否に影響があるという見方しかできないのです。というか、学歴を書かせるから、後で学歴詐称などの問題が起きるわけでしょ。原則として学歴不問なんだから、最初から書かせなければ、詐称なんて問題は絶対に起きないのです。

面接カードにこういった情報を書かせれば、当然面接官の目にも入る。それは少なからず面接官の心象に影響があるでしょう。やっぱり、22歳の人と27歳の人では印象が違います。東大の人と、聞いたことのないような大学名の人では、当然同じ見方はできないと思います。当然、面接を始める前に面接カードを見ているでしょうから、面接官の頭の中には、その人の年齢とか、学歴はインプットされている。そこから面接スタートです。どうも見ても差はうまれてしまいます。

さらに年齢と学歴をセットで書かせれば、その人が新卒か既卒かも丸わかりです。就職活動では分かりやすい既卒差別が行われていますが、民間企業の人事が既卒が嫌いならば、じゃあ公務員だって同じじゃないの?という想像が容易にできます。そうなると、既卒と判明した人は相対的に不利を受けているかもしれない。既卒だから合格が無理というわけではないでしょうけど、新卒の人と比べると難易度が上がっている可能性もあります。

面接官にはこれらの要素で合否判断をしないようにとか、そういう指針があったとしても、そんなの意味があるとは思えない。目に入ってくる情報は全て合否を左右するんです。少なからずは。今回のケースでおかしいのは、合否に影響がないにもかかわらず、これらのことを書かせるということです。おそらく特別区の姿勢としては、学歴不問で採用したいと考えているのでしょう。ならば、書かせる必要ないじゃん!と思います。

別に学歴や年齢を書かせるな!と言っているわけではないです。書かせるならば、これらが「合否に影響がない」なんて、嘘としか思えない文言を載せるべきじゃないと思うのです。これで誰が納得するのでしょうか?特別区は何がしたいのか?どういう採用の仕方をしたいのか?よく分からないのです。学歴、年齢不問と見せかけて、いや実は関係あるんじゃないの?ということになってしまうのです。

今回は特別区を例に出しましたが、他の公務員試験の試験種でも同様のことは多分起きているでしょう。申し込み段階から年齢や学歴を書かせるところも珍しくありません。特別区も申し込み段階から入力させているかもしれませんし。そういうところは別にいけないとは思いません。ただ、民間企業じゃないから、もっとフェアに採用試験を行わないといけないのかもしれませんが、100歩譲って、そういうやり方がOKだとしても、ならば真実を載せてほしいと思うのですが。近年の公務員試験は面接重視で、面接の配点が無茶苦茶高いところが多いみたいですが、ということはそれだけ面接官の目に入る学歴や年齢という情報がより大きく、合否を決定付ける要因になるということですからね。公務員もこんな感じの怪しい嘘をつくということでしょうか?


公務員試験は筆記試験の択一試験はある程度フエアだとしても、あとの試験はどういった採点基準か?すらもなかなか掴めないと思います。公務員試験も就職試験ですから、かなり人物本意になってきており、受験生からしたら気になること、分からないことが非常に多いですね。そういった不安を少しでも打ち消したり、疑問をはっきりさせておくには以下の本が良いかもしれません。公務員試験の人事を務めた経験のある方なので、ある程度説得力のある、納得することが書いてあると思います。

関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム