トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

公務員試験の面接の雰囲気は和やかが受かりやすいの?

特別区の面接では、毎年2ちゃんねる等でも議論されているようですが、面接全体の雰囲気が合否を左右しているケースが多いのではないか?と言われています。つまり、面接の雰囲気が和やかな感じで進んだ方が結果的に合格しているケースが多いというのです。逆にちょっと不穏というか、厳し目の雰囲気で進むとヤバイという声を聞いたことがあります。それは圧迫面接みたいな感じの面接も含むでしょう。

面接を受けている受験生からしたら、そりゃ和やかな良い雰囲気で進んでくれた方が手応えとしては良い感じだと思います。実際、そういう雰囲気の方が合格した!という声は多いようですが、実際に面接の雰囲気と合否の確率に影響があるのか?は分かりません。あくまでも推論に過ぎません。例えば、厳しい面接(圧迫面接を含む)をするケースは、どちらかというと見込みのある受験生に行うと考えられるからです。圧迫面接は、ちょっと厳しい対応をして、受験生の反応を見るということもあると思いますが、それを採用する気のない受験生にする必要性がないからです。

よく指摘されているのは、そもそも採用する気のない人に対しては変な印象を抱かせないために、和やかに面接を進めて帰ってもらう。良いイメージを持ったままお引取り願うというのが、常套手段とも言われています。ちょっと雰囲気のよくない面接をして変な感じで終わらせて、なおかつ不合格にするというのは、非常に鬼畜とも言えますから、そういうことを特別区などがするか?どうかですね。正確なことは分からないですけどね。

あと、公務員試験の面接対策本にも、圧迫面接みたいな厳しい感じの面接を強いるのは、むしろ良いことだ!みたいなことが書いてあるみたいですから、一概に雰囲気のよくない面接が落ちやすいとか、そういうことではないと思います。そうなると雰囲気の良い和やかな面接だから、合格可能性が上がるとも言い切れないのです。以下は私の推測になります。

圧迫面接をするというのは、面接官の技量が必要になるので、そもそもそういう面接をあえて行おうとする、またはそういう勇気のある面接官がそもそもあまりいないと思います。ですから、厳しい雰囲気の面接になるケースというのが、そもそも少ないのです。残りは雰囲気の良い、和やかな面接になりますが、そういうケースがほとんどだと思います。だから、結果的に合格者の体験した面接も自動的に大半は和やかな面接ということになるだと思います。

世の中に存在する面接がほぼ和やかなものだから、結果的に受かる人の割合が、和やか、厳しい面接でそれぞれ同じだったとしても、合格した人の数は圧倒的に和やか面接の方が多く、結果的に報告される合格の数も和やか面接の方が多い。だから和やか面接の方が受かりやすい。という推測が生まれているんじゃないか?と思います。したがって、和やかな方が受かりやすいとは一概には言いづらいのです。受かった報告は、嬉しいから2ちゃんねるや予備校などで行うと思うのですが、落ちた報告はショックでそんなことする気も起きないでしょう。

ですから、全員が受かった報告、落ちた報告をしてみると、案外数は同じくらいなんじゃないか?と思います。それは和やか面接も、厳しい面接も。だから、面接の雰囲気がどちらに転ぶか?はあまり気にしなくて良いと思います。1番はやっぱり面接官の性格だと思うんですよ。全員人間がやっています。ロボットじゃありませんから。だから、面接官の性格によって、面接の雰囲気がどちらに進むか?が決まるのではないか?と思います。面接官は当然受験生からしたら選べませんから、和やかに進む面接か?ちょっと厳しい雰囲気の面接か?は運だと言うことです。

結論としては、詳細なデータは分からないものの、面接の雰囲気と面接の合否の傾向に関連性はあまりないと思います。ですから、面接を実際に終えて、ちょっと厳しい追求を受けたから、面接官の表情や対応の仕方が怪訝な感じだったから、とかの理由で落ち込む必要はないと思います。どういう意図で面接官が面接の雰囲気を操作しているのか?もはっきり言って分かりませんから。面接を終えたら余計なことは考えずに、祈りながら待ちましょう。こういう話は特別区だけに限りません。東京都庁でも、国立大学法人でも、地方上級でも、国家一般職でも、それ以外でも同様だと思います。


関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム