トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

既卒者が公務員になるには、予備校に通って面接力を鍛えるべき

毎年、多くの人たちが公務員を目指していますが、中には既卒になってから公務員を目指すという方もいると思います。既卒の人は公務員になるにはハンデを背負うことになるのか?というのは、はっきり言って何とも言えません。筆記試験では間違いなくハンデになることはありませんが、面接試験では当然受験生の経歴を見たうえで面接をするので、人によってはハンデになるというか、用心深く見てくる面接官がいることはありえます。

それが結果的にややマイナス評価になる可能性は否定できません。ただ、多少マイナス評価になったとしても、トータルで合格点に届いていれば合格できるのですから、既卒でも合格することは全然可能だと思います。ですから、大学を卒業していても、職歴がなくても公務員になることは、そこまで現役の学生と比べても難しいことではないと思うのです。ただ、全く同じハードルにならないとは思いますけど。

筆記試験についても、簡単ではありませんからみっちりやる必要があると思います。特に多くの受験生は文系でしょうから数的処理、経済原論、自然科学あたりの科目は苦労するのではないか?と思います。各科目の詳しい説明は各自調べてほしいのですが、これらの科目は割と出題数も多く、苦手のままだと筆記試験はかなり不利です。すなわち、独学でこれらの科目をクリアできれば問題ありませんが、そうじゃない場合、とりあえず独学で少しやってみて、全く歯が立たない場合、これは教えるプロに頼った方が良いと思います。予備校の講師の人たちは多くの人たちに分かりやすく教えるのに優れていますから、プロの力を借りた方が良いと思うんです。

したがって、これら3つの科目はある程度早い段階で始めた方が良いと思います。後に回してしまって、いよいよ始めたは良いものの、全然できなくて、今から予備校に通うのも間に合わない!?では意味ないので、独学で始めはやろうとする人でも、後で予備校に通うという選択肢を残しておくために、早い段階から始めることをおすすめします!筆記試験はこれら3つの科目を克服できるか?が鍵ですね。

そして、問題になるのは面接試験でしょう。筆記試験は既卒、新卒関係ありませんし、努力すればどうにかなるものですから。面接試験はきちんとノウハウを持ったプロに習うというのが1つ重要になってくると思います。というのも、近年の公務員試験はほぼ人物重視で、面接試験の配点が物凄く高いです。面接ができなければ、筆記試験が優秀でも関係ありません。即アウトになりかねないのです。面接で筆記試験できなかった人ができた人を追い抜いて合格する例がよくあるので、筆記試験も一次試験をクリアする意味では大切なんですが、結局は面接試験こそが重要になるのです。

特に既卒の人はアルバイトとかしていれば別かもしれませんが、自然に人との会話が減りませんか?家族以外と日常でほとんど話さないという人もいるかもしれません。すると、自然に会話力というか、コミュニケーション能力が落ちていってしまいます。これは面接試験を突破するうえでは致命的です。結局は早いうちから面接対策を実施してくれて、かつ模擬面接を多く受けられる予備校に通うのが、公務員試験の面接を突破するには1番手っ取り早いと思います。予備校に通うと、受験生同士の仲間ができる面もあり、接点もありますし、話し相手もできやすいですからね。

模擬面接では、当然実際の面接を意識した会話を実践できますから、そこで日頃から喋りなれていない人は正しく指導してもらえます。自然に面接本番に向けて、自分の会話力、コミュニケーション能力が上がっていきやすいので、コミュニケーション能力に現時点で自信がない人でも、面接対策を始めるあたりからは、予備校も本気モードでかなり徹底的に指導してくれますし、模擬面接は無制限に受けられるところも多いので、それを上手く活用すると、既卒だろうが、なんだろうが、完全に面接モードに入った会話ができるくらいに上達していると思います。徐々に面接用の会話ができるように習慣化されていくはずです。

既卒の人がやや劣るのは面接試験の勘、会話の習慣ですから、そこを予備校に通って、直前まで猛特訓すれば、形にはなるはずです。予備校の人たちも、今は面接試験が特に大切だということは認識しているので、かなり研究や分析をしてそれをもとに対策、指導をしてくれるはずです。コミュニケーション能力に自信のある人は良いですけど、そうじゃない人は既卒、新卒にかかわらず、予備校でGOサインが出るまで、ひたすら鍛えてもらうのが良いかもしれません。


資格試験の合格を目指すクレアールでは、「非常識勉強法」が有名です!これは筆記試験の対策から面接試験にかけて、最小の手間、費用をかけて最大の効果を得られるよう配慮されたものです。数ある予備校の中でも、過去の試験の分析を徹底し、受験生を多く合格に導けるように日々努力がされています。特に面接対策は、過去の試験の分析により対策が立てやすくなりますから、膨大なデータが蓄積されているクレアールはおすすめしたい予備校になります。
資格★合格クレアール
科学的・合理的・経済的に資格試験の合格が目指せます!詳しい資料を無料で急送します。

関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム