トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

国家一般職の説明会参加から官庁訪問までの詳細な日程

国家一般職にはやっかいな官庁訪問というものがあります。これは主に一次試験を終えて、二次試験が行われるまでの間に行われますが、二次試験が合格しないと意味がないものです。二次試験に合格すると、そこからいやいよ各省庁などの採用面接を受けることになりますが、その準備段階として官庁訪問が必要になってくるのです。官庁訪問は採用に直結するものではないですが、大きな影響をもたらすものなので、実質行わないといけないのです。

簡単な流れを説明すると、筆記試験が終了する翌日あたりから各省庁などの説明会が開催され、それに参加していくことになります。興味のある省庁の説明会の予定などを細かくチェックして参加するようにしましょう。そして、その後、一次試験の合格発表が行われ、その翌日に官庁訪問全体にかかわる合同説明会があり、その翌日からいよいよ官庁訪問スタートです!官庁訪問をしていくと、いずれ二次試験が開催され、その二次試験に合格すると、いよいよ各省庁の採用面接を受けることになります。

各省庁の説明会に参加する受験生の中には一次試験不合格の人もいるでしょうし、官庁訪問をしていく受験生の中には二次試験不合格の人も出てきてしまいます。こうやって、結果的に時間の無駄になってしまうケースも出てきますし、当然この時期は地方上級など、他の試験種の筆記試験の勉強、東京都庁、特別区など、他の試験種の面接試験の対策も同時に行わないといけません。それがスケジュール的には受験生の負担になりますし、結構きついと思われます。

また、1番問題なのは他の試験種の面接試験の日と被ってしまうケースです。これはこの時期に面接を行っているのは1つや2つではないので、面接試験同士で被ることもありますが、国家一般職の説明会、官庁訪問の日にちで被ってしまうこともあるのです。そうなると、苦渋の選択を迫られることになります。せっかく筆記試験通ったのだから、面接も受けたいけど、行きたい省庁の説明会や官庁訪問をする必要もある。公務員試験はこういう日程が被るケースはたまにあります。運よく被らないケースも多々ありますが、こういうケースは覚悟しておくべきでしょう。

また、説明会や官庁訪問をするときに知ってほしいこととしては、このとき受験生の皆さんの前に姿を表す職員の人は、実は人事担当者であるケースが多くて、後々面接官を務める可能性の高い人たちです。だから、別に媚を売りに行ってほしいということではありませんが、少なくとも失礼のないようにしておきましょう。少なくとも印象のよくないことで顔を覚えられないようにしてください。顔を覚えられるときには良い意味で顔を覚えてもらえるようにしたいものです。ただ、参加する人は大勢出てくると思われますから、顔を覚えてもらえるか?どうかは分かりませんけどね。

説明会や官庁訪問をするときには、当たり前かもしれませんがただ参加するだけではなく、きちんと目的意識を持って参加したいものですね。というのも、実は面接試験のときに響いてくる可能性もあるからです。面接で、「説明会、官庁訪問をしてみてどうだった?」ということを聞かれる可能性があります。つまり、何も考えないでとりあえず参加するだけだと、何も答えられません。目的意識を持って参加し、家に帰った後にはどういう感想を持ったか?を自分なりにまとめておくと、面接で聞かれたときに答えやすいかもしれません。

人事院面接は倍率は高くないです。2倍もないくらいだったと思いますし。地方公務員と違って、国家公務員は面接試験のウェイトは2/9にしかありませんから、面接試験で逆転はあまり起きづらいです。ほとんど一次試験の筆記試験で順位が決まり、最終合格も決まってしまう可能性が高いです。筆記試験の成績に自信がある人で、国家一般職の志望度が高い人は説明会参加、官庁訪問は積極的に行っていきましょう!しかし、逆に一次試験通っているか?自信がない人は説明会参加してもそれが無駄になってしまう可能性もあります。

そして、一次試験は通っても、その順位に自信がない人は官庁訪問をしても、面接試験でダメな可能性もあり、結局無駄になってしまうかもしれません。これは先ほど説明した通り、他の試験種との日程上の兼ね合いもあり、必ずしも国家一般職の説明会、官庁訪問だけに尽力すれば良いというものではありません。先が読めないのが非常にもどかしいというか、ちょっとイライラさせるのがこの国家一般職の特徴ですから、国家一般職の筆記試験がこれから行われますが、まずは国家一般職の採用試験全体の流れを抑えてから実際の試験に挑んでほしいと思います。国家一般職は以上の通り、大変最終合格までの負担が大きく、道のりが長い試験です。公務員試験の中でもハードな部類に属すると思いますから、本当に途中で精神的にも、肉体的にもバテないように気をつけていきましょう。


関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム