トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

投資額を使って他の就活生に差をつける企業研究のやり方、ポイント

就職活動を行ううえで企業研究をする人も多いですね。企業研究といっても抽象的で何をすれば良いのか?分からないかもしれません。志望動機などを後々考えないといけないので、そのためにもやっておいた方が良いのかな?とは思います。でも、企業研究って、具体的に何をやっていますか?多くの人は受ける予定の企業のホームページやパンフレットを見て、どんな事業をやっているのか?自分が興味を持てそうなのは何かな?なんて考えているだけかもしれません。

今回はもう1歩踏み込んだ企業研究というのをおすすめしたいと思います。コツを掴むと、意外に使える企業研究の方法です。それは財務諸表、IR情報というものを使うのです。これは主に投資家向けの情報で、通常であれば就活生には縁がないものです。しかし、実は就活生の中にはこの財務諸表、IR情報を活用して就職活動を進めて内定を獲得している人がいます。非常に頭が良いというか、考えて行動しているなという印象を受けますが、具体的にどういうことなのでしょうか?

この方法の詳しいところは、実は2ちゃんねるの元管理人である西村博之氏が解説してくれたいたので、それを紹介してみたいと思います。それは投資家向けの情報を見るということです。それを見ると、その企業がどういう事業を行っていて、どの事業分野にどれだけ投資しているか?が分かるのです。それが分かると、どんな意味があるのか?というと、実は現在のところ、どの事業分野にお金を使っていて、どの事業分野にお金を使っていないか?が分かります。それはつまり、力を入れている事業、そうじゃない事業が分かるということです。

当然、投資額が大きく力を入れているところは売上高も上がっているということでしょうから、今後人をたくさん雇うでしょう。しかし、そうじゃないところはこれからどんどん下り坂になっていくのか?それともこのまま踏ん張るのか?はちょっと難しいのですが、少なくとも今後人をあまり必要としていないと判断することができるのです。A事業分野に大量の投資がされているとなると、当然これから益々力を入れていく事業ですから、「御社のA事業に携わりたくて・・・」という志望動機なんかを話すと、結構話が進むかもしれませんね。A事業はこれから人がもっと必要になる事業であり、そこに熱意を示してくれた人が現れてくれたとなれば、向こうも食いつくでしょうし。

しかし、B事業分野に対する投資額は少なく、またどんどん少なくなってきている。しかし、「B事業に携わりたくて・・・」と面接で話しても、そこはもう人いらないんだよね・・・。って思われて、アウトかもしれません。そういう失敗を実は多くの人がしているんじゃないか?と思うんですよ。各企業ごとにこれから伸ばしていく事業とそうじゃない事業が完全に判断できる人はそれで良いですが、その自信がない人、それが難しい企業の企業研究をする場合には、今挙げたような投資家向けの情報を見てみると、それが判断しやすいのです。

企業研究をしっかりやったつもりでも、自分が面接で話した「やりたいこと」が企業にしてみれば、本当にもう潰したい事業だったりした場合には、やはり好印象は得られないと思います。むしろ、ちゃんと企業研究したの?と思われるだけかもしれません。企業研究をしたつもりが、ちっとも企業研究になってないケースがあり、それに気付かずに面接に臨んでしまうと、こういった失敗をしてしまうケースがあるのです。だからこそ、面接で企業の実際の事業に言及する場合には今後企業が伸ばそうとしているものを選ぶ必要があるのです。

そして、企業が今後伸ばそうとしている事業を見極めるために投資家向け情報を活用するというわけです。そうすれば、こういった失敗を避けられるとともに、面接官にとって好印象な志望動機などを語れる可能性が広がると思います。投資家向けの情報というのは、ほとんど縁がない人が多いと思いますが、実は日頃から見ていて就活に利用している、賢い人たちもいるのです。彼らにできるのなら、多くの人もやってやれないことはないと思います。見方についても、調べればいくらでもネットで出てくるでしょうから。

こうした財務諸表、IR情報を活用できれば、これらを使っていない就活生が圧倒的に多いでしょうから、どうしても差はつくでしょうね。逆に差をつけたい人は是非使ってみてほしいですね。こういったものは就職活動だけではなくて、就職した後にも使えるものです。特に営業職をやる場合には、自分の会社で扱っている商品に関連する事業の売り上げを伸ばしている企業、投資額が増えている企業は、その事業分野に特に力を入れている証拠であり、お金も持っているとことになります。そういう企業に営業に行くと、ここなら商品買ってくれそうだな!ってなるわけです。営業に行くときの企業選びの目安としても機能するわけですね。

こうした企業研究を是非志望動機などに生かして就職活動を進めてみると、良い結果が出るかもしれません。みんながやっているやり方ををただ「みんながやっているから」という理由で行うではなく、その意味を理解して行うことが大切でしょう。今回紹介した方法も一部の就活生はやっているようですが、意味があると、やる価値を見出せる人はやってみても良いでしょう。一般的にはメジャーな方法ではないですから、やるならあまり浸透していない今のうちでしょうね。


関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム