トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

ドワンゴが応募してくる就活生を減らしたいなら、リクナビ、マイナビに求人出すのやめたら良いんじゃない?

相互リンクをしていただいている「就活生に甘える社会人」というブログにて「スクリーニングの手間を惜しむ企業が「たくさんの就活生が受けに来る・・・」と嘆くのは筋が違う」と題するエントリーがありました。おそらくこれは先日、話題になった受験料を徴収するドワンゴに由来する記事だと思います。

このブログ主の方は受験料を徴収するという方法自体は否定的のようですが、スクリーニングを実施するという姿勢は評価しているようです。私は受験料をとることは自体はどちらかというと賛成なんですがね。ただ、別の方法があるんじゃない?と言われれば、それはそうかもしれません。

例えば、ドワンゴのような有名な企業は就職活動の時期になれば、放っておいてもそれなりの受験生は集まるのではないか?と思います。そんな超有名企業がそもそもリクナビとか、マイナビとかに自社の求人を出す必要があるのかな?とまず疑問に思いました。

確認してみると、とりあえずリクナビとマイナビは2014年度向けのサイトでは求人が載っていました。このれくらいの規模の会社だと本気で志望してくる学生は求人サイトにないとなれば、自社サイトから採用ページに行って、そこから応募してくる学生は普通にいると思うんですよね。こういった求人サイトに求人出しておかないと、それこそ一気に応募してくる人が減っちゃうんですかね・・・?それもちょっと考えづらいですけど。

要するに、リクナビ、マイナビといった就職活動支援サイトで求人をざーっと見ていて、「あ!ドワンゴっていい会社っぽいからエントリーしとこ!」という、出会いがしらで応募してくる学生は少なくとも、排除できると思いますし、そういった学生はそこまで志望度が高いとは言えないと思います。だから、そういう動機で応募してくる学生は排除する目的は達成できます。

ドワンゴにとっても、リクナビ、マイナビに求人を出すためにかかる費用を節約できますし、一石二鳥なのではないかな?と思います。ただ、こういった求人サイトに広告を出しておくと、エントリーとか説明会の予約とかの処理が簡単なのかもしれません。システムがすでにできあがっていますから。そこの利便性の享受という目的はあるのかもしれません。

ただ、ドワンゴの場合はそれこそIT企業なんだから、そこは自社でどうにでもできる問題じゃないかな?とは思いますね。全国に名前が轟いている企業がリクナビ、マイナビに求人を載せている意味って何なのかな?と思いました。受験生を減らしたいと考えているのなら尚更です。名前も知らないような中小、零細企業は分かるんですが、全国的にも有名な企業がわざわざお金を出してまでこういった求人サイトに求人載せる意味があまり分かりません。


ランキングに参加中です!良かったらクリックお願い致します!→ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム