トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

東京都Ⅰ類Bの面接試験の倍率は低い!しかし・・・。

公務員試験は筆記試験をクリアしても、面接試験もクリアしないと、合格できません。公務員試験の中でも、東京都庁Ⅰ類Bの面接試験は割と簡単な方かもしれません。面接は二次試験、三次試験と2回行われるのですが、2つ合わせても倍率は2倍程度、1回ごとの面接の倍率は1.3~1.5倍くらいです。客観的な倍率だけ見れば、公務員試験の中では、割と低い方だと思われます。倍率が低いってことは、それだけ競争率は低いので、合格可能性は高いといえます。

ただ、見た目の倍率だけで、面接試験の難易度が全て決まるわけではない。面接の内容が大変だったら、それだけ大変な努力をしないと、合格には近づけないということですから。でも、東京都庁の面接は、さほど変わったことが聞かれるわけではないでしょう。東京都に関することは、間違いなく聞かれるとは思いますけど。全般的な面接対策は他の試験種とさほど変わるものではないと思います。

ただ、東京都庁の面接は結構早い時期に行われるみたいです。つまり、多くの方が公務員試験の中でも、1番最初に面接機会がやってくるのが東京都庁になってしまう可能性も高いです。でも、東京都庁って、かなり志望度が高い人が多く受けに来る印象です。第1志望の面接が最初にきてしまうというのは、結構きついですよね。とはいっても、公務員試験はそんなにたくさんの試験種が受けられるわけではないので、1番目だろうが、2番目だろうが、あまり関係ないような気はしますけどね。本番は初めてでも、それまでに面接の練習はしてくるでしょうし。

見た目の倍率は低いのですが、結局ちゃんと受け答え等ができないと話にならないのが面接ですから、話の中身はきちんと整える必要があります。おそらく絶対に聞かれるのが志望動機で、かなり評価の中でも重要な位置を占めていそうな気はします。この場合の志望動機というのは、どうして東京都庁なのか?ということです。それはもっと言うと、どうして特別区、または個別の市町村じゃなくて東京都庁か?ってことにもつながってくると思います。

東京都の中の職員採用試験は別に東京都庁だけじゃないわけです。特別区もそうだし、後は例えば、国立市、あきる野市、小金井市、青梅市など、個別の市町村もありえる。東京で働きたいというのは、なんとなく伝わるでしょうけど、その中でもどうして東京都庁なのか?それがおそらく大切になってくるでしょう。ここを説得力を持たせるためには、東京都庁が他の試験種とどう違うのか?そこを理解する必要があるでしょう。

それはそもそも行政区分の違いから始まり、仕事内容などの細かいところまで分析した方が良いと思います。東京都庁と特別区や、他の市町村とは一体どういうつながり、構造になっているのか?それぞれの役割は?そして、具体的に職員はどう動いて、どう働いているのか?そういったことをまず明らかにすると、東京都庁が東京都全体に対して、どういう影響力を持つのか?どういう貢献を都民にしているのか?がはっきりするのではないでしょうか?それは志望動機につなげられそうな気がします。

数ある公務員試験の中でも、東京都庁は志望動機はかなり重要視されそうです。それはおそらく都民以外の人も多くが受けてくるから。きちんと東京都について、そして都庁について理解ができているのか?この質問をすると、なんとなく分かるんじゃないですか?だから、ここでこけると、以降は面接官も「この人ダメそうだな・・・。」という目で見られて、かなり不利な状況で面接が進む可能性が高いです。ここで、印象を良くして、その後も良い雰囲気で面接を進められるように、志望動機はビシっと固めて、面接に臨みましょう!ここがきちんとしていれば、倍率的には通る可能性は割と高いと思いますから。

倍率的には高くないものの、その中で合格を勝ち取るためにはそれなりの準備が必要で、その準備ができている人の中での実質的な争いになると思われます。準備をしないで適当な感じで面接に臨むと、低倍率といえども、実質的な争いの場からは圏外になってしまうと思われます。いくら自分なりに完璧な対策をしても、それを面接官が評価するとは限らないし、何が評価されるのか?は分からない。それこそ面接官によって異なりますから、こう言っちゃ何ですけど、運要素は相当あると思いますよ。ただ、運勝負になるためには、やるべきことをきちんとやってから臨むことが必要だとは思いますけどね。

個人的には、東京都庁で働く職員の人って、何か凄い格好いいイメージがあります。他の公務員とはちょっと印象が違うんですよね。そんな素敵な東京都庁の公務員に皆さんになってほしいと思います。面接の日まで面接対策をするとともに、他の試験種の筆記試験の対策もあるでしょう。そういったものとの兼ね合いも大変でしょうが、是非頑張ってほしいと思います。


関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム