トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

裁判所職員一般職の難易度は、男性にとっては無理ゲーに近い

公務員試験の中でも、結構難しい試験って言われているのが、裁判所職員一般職です。総合職もありますが、そちの方はよく分からないので、パスさせていただきます。裁判所職員は国家公務員の試験の中でも本当に難しいと思います。私は受けたことはないですが、裁判所一般職の問題はいくつか解いたことがあります。教養試験は他の国家公務員の試験と大差ありませんが、専門試験が相当ハードです。何が難しいか?っていうと、まず試験問題の難易度が半端ありません。かなり難しいと思います。

国家一般職も難しいですけど、それよりもさらに難しいかもしれません。幸い、専門科目は法律科目だけ(刑法を選択すれば)しか出ません。したがって、経済とかが苦手な人はそれを回避できますし、おそらく法律科目の方が得意という人が多いと思いますから、得意科目だけで勝負できれば、それは大きいでしょうね。ただ、憲法にしろ、民法にしろ、刑法にしろ、やっぱり問題が難しいですわ。憲法、民法はあまり問題集に裁判所一般職の問題が入っていないので、詳しくは分かりませんが、刑法は個人的に結構好きだったのでよく解いていました。

刑法は裁判所一般職の過去問がよく載っていたので、解いていたのですが、そもそもオーソドックスな問題がまず出ない。あまり形式で、問題を解かせるので、こういうのに慣れていないと本番では時間を食いそうです。詳しくは過去問を見て欲しいと思いますが、問題の難易度も十分難しいんですけど、問題の出し方が一部特殊なケースもあり、慣れが必要かもしれません。裁判所だけあって、やっぱり法律は問題が難しく作ってあるんでしょうか?

一部では経済原論を選んだ方が良いという話も聞いたことがあります。経済の方が多少簡単なんでしょうかね?科目が違うので、そもそも比較が難しいですが、中には経済の方が簡単と感じる人もいるのでしょう。しかし、いくら簡単とはいっても裁判所一般職ですから、苦手な人が解けるレベルではないと思います。いくら法律科目が難しくても、そういう人は素直に刑法を選んでおいた方が良いかな?って感じはしないでもないです。

刑法は私は割と好きな科目だったので、問題を解くのは楽しいのですが、いかんせん問題は難しいです。特に判例の問題ではなく、理論を聞いてくる問題は難しいとか以前に読んでいるのがダルかったので、そういった問題にすっ飛ばしていました。理論の問題は、私はつまらなかったです。筆記試験だけでも、非常に大変だと推測されます。教養試験は国家一般職とか、同じくらいの難易度かな?と思います。教養試験もやや毛色が違う範囲、形式の問題が出やすいらしいので、要チェックしておかないといけないと思います。専門試験は憲法、民法、行政法、そして、経済原論か刑法のどちらかと、分量は少ないですが、とても難しいと思われます。

さらに小論文と専門記述の試験もあって、対策が大変です。裁判所一般職はおそらく他の試験種が本命の人はあまり併願してこないんじゃないか?と思います。つまり、ここを受けに来る人はほとんど第1志望で受けに来る人じゃないか?と予想しています。筆記試験の難易度をざーっと述べてみましたが、後は面接試験が残っています。この面接試験がまた大変みたいですね。特に男性の受験生は。何が大変か?っていうと、ここは女性優遇の激しい試験種らしいからです。

男性は受かりづらいんです。筆記試験までは完全にフェアで挑めるとしても、面接官の主観、好みが重要な面接試験はそうはいきません。とはいっても、外部から批判がくるのが間違いないですから、だいたいの試験種では男女の合格者数の比率は同じに近いような常態に合わせてくることが多いです。しかし、裁判所一般職の場合は、何年か前のデータで、明らかに最終合格者数が女性の方が多かったです。さらに受験者数がそもそも、男性の方が圧倒的に多いので、一次試験を受かってしまえば、女性はかなりの確率で面接を通り、最終合格する。逆に男性はかなりの確率で、一次試験を受かっても、面接で不合格にされる。というのが、残念ながら裁判所事務官時代の採用試験であったみたいです。今もそういう傾向は続いているかもしれませんね。

要するに、男性は受けても無駄かもしれない。ってことです。面接試験では公正、公平な扱いがされる保証はないですから。操作されて、意図的に女性に下駄を履かせている可能性は否定できません。ここまで露骨な結果になるっていうのも珍しいですけどね。女性は受かって当たり前、落ちたらヤバイくらいの状況で、男性は落ちて当たり前、受かったら凄い!ってくらいの格差があります。あくまでも結果がそうなっているというだけで、評価の仕方に明らかに問題があるとは言いがたいです。裁判所一般職を受ける女性だけが特別優秀だった。それがそのまま結果に表れたということもあるからです。

とはいっても、面接で優秀、優秀じゃないって判断は結局は主観ですから、それをいくら周りに説明しようとしてもできるわけがない。結局、結果に明らかな偏りができているので、女性優遇、男性劣遇していると思われても仕方ありません。「行き過ぎた女性優遇の風潮は、新たな男性差別に他ならない」の記事でも説明した通り、女性優遇は男性差別の裏返しですから、個人的にはこの流れはなんとかしてほしいと思っています。ましてや公務員を選ぶ試験なんですから、客観的に公平に、公正に審査されているとは到底思えず、この国の汚点になりかねません。


裁判所職員一般職を目指す人のための本試験過去問題集です。よくある試験種別の過去問題集にも見えますが、中にはひと工夫してあって、過去問題の年度ごとに抜き取りができるようになっています。したがって、いちいちページをめくって解答解説と問題を見比べる手間もないですし、特定の年度だけ持ち出して、学校や予備校に持っていって解いてみる。そして復習してみる。といった作業も容易にできます。ただの過去問題集に終始することなく、利用者のことを、受験生の気持ちを考えて作られた一冊だと思います。

関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム