トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

ベビーカーを電車に持ち込む迷惑っぽい行為は、実は些細な問題

ブロガーのイケダハヤト氏が、「満員電車の中でベビーカーは折り畳むべきか?実際に車内に持ち込んで考えてみた」というエントリーにて、自身の体験をもとにベビーカーの電車内への持込についての是非をブログで書いていました。これは以前かなり話題になり、いろいろな著名人が独自の意見を交えたりと、非常に物議を呼んだ記憶があります。さて、ベビーカーの電車内への持込について、持込を許すべきか?または電車内に持ち込むなら、折りたたむようにすべきか?という議論ははっきり言って無駄だと思います。状況によって、それができるケース、できないケースがあるからです。

ベビーカーの電車内への持込について、迷惑だと思っている人も言い分はたくさんあるでしょうが、ベビーカーを利用する親の方も当然言い分はあるはずです。双方を聞いて、どちらも正しいと思えることは多分言っていると思います。つまり、どちらの意見を採用すべき。とか、そういう問題ではないのです。双方を意見を聞いて、鉄道会社がこういう揉め事に対してきちんと対応をする。分かりやすいところで言うとルールを作る。というのが1番の解決策でしょう。イケダ氏のブログを見ると、実際、それができたみたいですね。

ただ、私から見ればベビーカーの電車内への持込についての問題がどうしてここまで盛り上がったのかな?と不思議に思えてきます。電車を本当にいろいろな人たちが利用します。だから、そりゃ自分にとってウザかったり、迷惑な存在として認識できる人は実はたくさんいるはず。許容範囲だったり、それを越えたり、いろいろなケースがあるでしょうけど、その中でどうしてベビーカーの問題がここまで物議を呼んだのでしょうか?私の場合は、香水が臭ってくる人が不快ですね。どうして、香水ってあんなに変な臭いがするんだろう?とともに、変な臭いをどうして身体に吹きかけるんだろう?と不思議でしょうがないです。

香水を使っている本人はおかしな臭いだとは思ってないでしょうし、乗客の他の人も全員がおかしな臭いだとは思っているとは思いません。臭いにも好みがあるでしょうから、香水なんてつけなくても生活に支障が出るとは思えないですから、ベビーカーの問題と比べたら、一層文句を言われてもしょうがない気もします。ただ、私はいちいち文句は言いません。揉め事になるのが嫌なのと、先ほども言ったように臭いには好みがあるから、自分が臭いと思っても、それを他人に押し付けるのはどうなんだろう?って気持ちがあるからです。

そんな感じで、私は電車内の利用の仕方に対しては口うるさくない方だと思います。心の中で迷惑だと思う人は他にもいますが、自分だって何かしらウザがられている可能性も考えて、とやかく言うつもりはありません。ベビーカーの電車内への持込についても、確かにたまに見ますよ。ベビーカーを押して電車に入ってくる人たちは。そして、中にはママ友達なのか、3人くらいで一気に乗り込んできて車内でお喋りに興じている姿はよく見ます。ベビーカーって折りたたまないと結構面積を占有しますから、車内が混んでくると邪魔な存在にはなってくると思います。

ただ、実際に車内が混んでいなくて客観的に邪魔な存在になっていないときなら、別に良いんじゃない?って感じです。でも、ベビーカーを折りたたんで、ドアの前の座席の端のスペースに立てかけているケースがたまにあります。折りたたんでいるんだったら手に持って欲しい!と思ったことがあります。何故なら、多くの人もそうかもしれませんが、ここが空いていればまずそこに立つからです。ここのスペース好きな人多いですよね。すぐに降りられるからかもしれませんが、私も好きです。こういう場面に遭遇すると、ちょっとだけイラッとするときもあるかもしれません。

ただ、ベビーカーを手に持てない状況というのが中にはあるのかもしれません。それぞれの事情というのは、なかなか当事者じゃないと分からないものがあるがゆえに、ベビーカーを利用していない人が一概に批判するのもどうかと思っています。公共スペースを利用するということは、何らかの形で他者に対して迷惑をかけるものである可能性が高いと思います。それは自分も同じ。気付いていないだけで、または他人から指摘されないだけで何らかの迷惑行為を行っている可能性はある。そういう理由からできるだけ、ちょっとした行為ならできるだけ許容していくべきでしょう。

電車へのベビーカーを持っての乗り降りだけではなく、実は探してみればいくらでも迷惑行為ととれるものはあると思います。そして、それらは誰もが犯す可能性があるということ、もしくはもうすでに犯しているかもしれない。ベビーカーだけではなく、ちょっとした些細な行為なら大目に見る寛容さがないと、公共スペースで共生していくのは難しいでしょう。こうした問題はよくありがちな些細な問題だと、私は認識していますから、これからも良い意味でも無視できるように努めていきたいと思っています。些細なことにいちいち目くじらを立てているようでは、公共の場で生きるのに向いていないというか、人生がストレスだらけになって大変でしょうし。



ランキングに参加中です!良かったらクリックお願い致します!→ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム