トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

ブラック企業で働く労働者は、早く失業者になった方が良い

世の中に蔓延るブラック企業、そしてそこで働く労働者は後を絶たない。ブラック企業は本来は存在してはいけないのだけど、それが現実には存在してしまっているのです。それはブラック企業で働く労働者が後を絶たないから。とにかく仕事を得るために、仕方なく行き着く先の多くがブラック企業なのでしょう。そして、多くの労働者は働き始めた後に、「ひょっとして、うちってブラック企業じゃないの?」って気付き始めます。

しかし、気付いたからといってそれで多くの人が辞めるわけではない。辞められない事情があるのでしょう。短期職歴を作りたくないとか、辞めたら収入がなくなって生活できないとか、世間体のために無職になれないとか、いろいろ理由はあると思います。だからこそ、多くはブラック企業で働くし、それによってブラック企業はいつまで経っても存続できるのです。

しかし、これはあまり賢い行動とは思えない。というのも、ブラック企業の問題については国などの介入はほとんど期待できないからです。ブラック企業という定義も曖昧で、どれだけの企業数が存続しているのか?どれだけの労働者がそこで働いているのか?そして、どんな問題が起きているか?それらを関連付けて、結論を出すのは難しいからです。国がやってくれるのはせいぜい企業名の公表くらいで、こんなのブラック企業にとっては痛くも痒くもないという制裁かもしれません。

つまり、現状の流れが続いていると、ブラック企業は永遠になくならないし、そこでしか働けない労働者の待遇も永遠に改善されません。これを改善するには方法はたった1つ。一致団結して、ブラック企業を辞めるしかないと思います。一部じゃダメなんですよ。みんなが一緒に辞めていかないとダメなんです。ブラック企業を辞めた労働者が増えると、彼らはどうすべきか?生活保護を申請しましょう。ブラック企業を辞めた後にすんなりホワイト企業に就職が決まれば良いですが、そうはいかないでしょうから。

貯金などがいずれ底をつくはずです。そうなると、生活保護しか頼れるものがない。じゃあ、全国のどれだけいるのか?分かりませんが、何十万人、何百万人というブラック企業で働いていた人たちが辞め出して、生活保護に食いついたら、どうなるか?そりゃ全員に行き渡りません。ただでさえ財政が圧迫しているので。じゃあ、彼らはどうなるのか?生きていくためにはどうすれば良いのか?ここでようやく彼らの存在が国を巻き込んだ社会問題になると予測します。

ブラック企業は違法労働をしていることが多いですから、少なくともそこを辞めることに文句を言われる筋合いはありません。しかし、その中の一定数は生活保護などに頼らないと生活ができない。でも、生活保護では全員の生活は保障できない。それが明るみになれば、この国の雇用、労働とセーフティネットの間に、とてもない大きな欠陥があるということが明るみになります。本来、生活保護に頼るべき人は大勢いるんですが、それらの人が申請しないから、国も生活困窮者の存在を認識しづらい。

ブラック企業に勤めている人たちだって、違法労働を命じる企業は存在してはいけないのですから、彼らは本来なら無職ですよ、違法に存在している企業で雇ってもらっているに過ぎない。だから、本来は失業者にカウントされるべきで、失業率がドーン!と上がるべきなんです。失業者にカウントされるべき人たちがカウントされないから、失業率もそんなに高くない水準でずーっと、推移しており、国も、社会も大して危機感を感じないのです。彼らはいわば隠れ蓑のような存在であるブラック企業で雇用されているから、見た目は失業者でもないし、収入も一応あるから生活保護の受給資格もない。これが今の世の中に蔓延る問題が、問題として認識されない最大の理由です。

したがって、ブラック企業で働いている人たちはいい加減に、気付くべきです。このまま働き続けても未来はないと。ブラック企業を辞めて、生活保護に食いつく。いわば国にとって、迷惑な存在になることがまず大切だと思います。長期的に見たら、こっちの方が絶対にマシだと思うんですよ。ただ、先ほども言ったように、これを実現するには一部じゃダメなんです。全国のブラック企業で働く労働者が一致団結して集団で辞めて、生活保護に食いつく必要があります。それくに大規模じゃないと、国は動きません。些細な問題なら無視しますから。だから、ブラック企業で働く人は失業者になる勇気を持つことでしょうかね?それが未来を少しでも明るくする第一歩になりそうな気がします。


ランキングに参加中です!良かったらクリックお願い致します!→ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム