トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

公務員の志望動機の最善の例は「民間企業じゃダメ」をアピール!

公務員試験は筆記試験を突破しても、面接があるので、ここが多くの人にとって最大の難所になると思います。公務員試験の面接では、必ずといって良いほど、公務員になろうと思った志望動機を聞いてくると思います。たいていの人は「安定しているから」とか、そういったことが直接の理由かもしれません。しかし、それを言うのはタブー視されています。タブー視されているだけで、言ったら即不合格というわけではないでしょう。これを言って受かった人もいるみたいですし、これをどう感じるか?は面接官次第ということです。

しかし、現実的には「安定しているから」という志望動機を言える人なんてまずいないでしょうから、面接官ウケしそうな志望動機を考えないといけません。公務員になりたいと思った理由というのは、公務員になって自分がどんなことを成し遂げたいか?というのが、あくまでも面接官目線で見たときには、評価としては1番良いような気がします。面接の合否は面接官の匙加減とも呼べる部分があるので、いかに面接官にとって好印象な志望動機にできるか?という点もちょっとは考えていかないといけない気はします。

上記の記事でも書いたように、何かを成し遂げたいということを理由に挙げるとなると、当然個別具体的なものを挙げることになります。すると、じゃあ、それに関する仕事を任されたときは良いけど、違う仕事を任されたとき、この人は真面目に働くのか?ということを問われたら、どう答えますか?「これと同じくらいに精一杯頑張ります!」と答えたら、「じゃあ、他とやりたい序列は一緒なの?結局、何がやりたいの?」と、いじわる面接官なら聞いてくるかもしれませんね。

私は物事を深く考えてしまっているので、普通の面接官がここまで論理的に考えているとはあまり思いませんから、私の独り言と聞き流してもらっても構いません。では、本題に移ります。面接官ウケする志望動機とは、個別具体的なものを成し遂げたい!と語りましょう。そのときに民間企業の欠点を出します。民間企業では、自分の野望を成し遂げることができるかもしれない。しかし欠点が大きく、公務員はその欠点が小さい。だから、私は公務員になって、それを成し遂げたいという流れです。

民間企業でやるにはデメリットが大きければ大きいほど、公務員じゃないとダメだ!という熱意が伝わるでしょうから。基本的に成し遂げたいものに使う題材は何でも良いと思います。皆さんが思っているやりたいことを志望動機に絡めてみましょう。そのときに民間企業で行う場合の欠点の大きさを挙げて、公務員でやらないとダメなんです!といったことをアピールしましょう。民間企業ではダメだから、公務員じゃないとできないんです!をいかに鬼気迫って面接官に訴えかけられるか?が勝負です。

民間企業の欠点というのは、利益が出ないと需要があっても事業は行われないというところです。これは利益を1番に追求する民間企業では仕方のないものです。しかし、公務員は利益の出る、出ないよりは需要の多寡によって、サービスが提供される性質にあるので、民間企業と比べると、社会全体の需要を満たしやすいといえるでしょう。自分がやりたいものを持ち出して、それは上記のような理由から、民間企業では満足には行えない!公務員の方が行いやすい!ということをアピールすれば、少なくとも、その人が公務員を志望する客観的な理由は生まれるはずです。民間企業と公務員の違いを理解しているという意味でも、評価されるかもしれません。


公務員試験の面接では、面接官の心情というか、気持ちも汲み取ってあげることが必要だと思います。以下は現職で採点官を務めた経験のある人が執筆した面接対策本です。よくある面接に関する本なのですが、これが一味違うのは、公務員試験の面接について、多くの受験生が勘違いしているだろうと思われるポイントを10個ほどピックアップして、そえについて、面接官ならではの視点から正しいことを解説してくれています。重要なところをマンガ形式で分かりやすく伝えると共に、面接における頻出かつ重要な質問については、オススメの回答例とダメな回答例を載せて対比しやすくしてくれているので、面接対策について理解もしやすいかな?と思います。

関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム