トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

仕事の休憩時間に上司から電話対応を頼まれたら、従う必要ある?

会社で仕事をしていれば、必ず一定の休憩時間を与えないといけません。休憩時間は仕事をする時間によって異なり、6時間を越えた場合には45分、8時間を越えた場合には1時間の休憩を必ず与えないといけないとされています。しかし、この休憩時間の使い方をめぐって、たまにトラブルも起きているようです。というのも、休憩時間中に電話がかかってくることもあるからです。

基本的には休憩時間の利用方法は労働者の自由です。したがって、電話がかかってきても、それに応対する義務は本来はないはずである。それがあるなら、それはもはや休憩時間ではないからです。実際、休憩時間中にどこからか電話がかかってきたら、それはとるべきか?べきじゃないか?という相談をネット上にしている人もいて、悩んでいる人は本当に悩んでいるみたいです。

ただ、休憩時間中ということは普通は昼とかだと思うんですけど、そういう時間帯に電話をする方もちょっと配慮が足りないような気もしないでもないです。会社は大切な相手からかかってくるかもしれないから、絶対に出ろ!と言うケースが多いでしょうね。しかし、昼の時間帯は当然休憩を入れている会社が多いわけで、一般常識でそれくらい配慮して電話をしてほしいものです。

この時間帯にかかってきた電話に出なければ、向こうもこの時間はかけてもダメだと思って、次からは時間帯を選んでかけてくるかもしれません。上司の監視下にあるようなケースは厳しい(通常、休憩時間に上司が部下を監視するとは考えられないけど)ですが、そうじゃないなら、私は無視して良いのではないか?と思います。いくら会社がいろいろ言ってきても、休憩時間の使い方は労働者の自由ですから、会社の指示に従う必要のない時間です。

ここからはちょっと法律の話になりますが、もし休憩時間中に電話対応を迫られたとしたら、法律上ではそれは休憩時間ではないと考えるのが妥当だと思います。これは実際に電話がかかってこなかったとしてもです。つまり、電話がかかってきたらいつでもとれるようにスタンバイしておくことを強制された時点で、自由な行動がとれないわけですから、それはもはや労働時間です。テレビでも以前、似たような事例で紹介されていたと思いますけど、こういう場合は逆に給料請求権が発生すると思われます。休憩時間ではなく、実際は労働時間だったわけですから、その分を受け取るのは当然でしょう。

そうなると、休憩時間は追加でまた発生することになり、本来休憩時間とされていた時間が労働時間になってしまったわけですから、これは見方によっては違法労働をさせていることにもなります。法律で定められた休憩時間を与えていないというわけですから。企業の人間もおそらく法律に関しては無知でしょう。大学などである程度専門的に学んだ人以外は知らないで、勝手にルールを作って、従業員に強制させる。そんなことが日常だと思います。そんな人たちが会社を指揮を執っているというのは異常です。

実際、休憩時間中の電話対応が仕事と認められるか?どうかはケースバイケースですが、本来は休憩時間は労働者が自由に使える時間です。つまり、普通の上司なら部下に休憩時間に所定の行動ををとるように指示を出すことが、配慮がなっていないというか、指揮命令を与える人間としては不適格だと思います。こういったことは上司だけじゃなくて、命令を受ける側の部下の人間も知っておきましょう。


ランキングに参加中です!良かったらクリックお願い致します!→ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム