トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

第二外国語の履修でおすすめなのは割と簡単なスペイン語

第二外国語って、皆さん何を選びました?結構、人の感性が表れる部分じゃないでしょうか?大学選び、学部選びというのも、人によって好みが分かれて、その人らしさを表す要素になると思いますが、第1希望が通らない可能性もありますからね。しかし、入学した大学の中で、どの言語を選ぶか?というのは、ちょっと気を使うかもしれません。はっきり言って大学の授業で学んだ程度じゃ、ほとんど身にならないとは思いますけどね。

私も入学式前だったか?定かではありませんが、第二外国語を選ぶ機会がありました。当時は将来の有用性とかも何も考えておらず、イメージからフランス語、イタリア語、ポルトガル語にしようと思っていました。しかし、うちの大学にはイタリア語、ポルトガル語の授業はありませんでした。じゃあ、フランス語にしようかな?と思ったんですけど、当時、父親からのアドバイスで「スペイン語は簡単だ」と言われました。私は英語以外の言語のそれぞれの難易度は全然わかりませんでしたし、単位が楽にとれるなら・・・と思って、スペイン語を選択しました。

で、スペイン語は簡単だったか?というと、これは他の第二外国語を一切学んでいないので、比較のしようがありません。ですから、相対的には無理ですが、一応2年間学んだ感じでは、難しいって感じではないです。1番おすすめしたいポイントは単語が覚えやすいです。というのも、英語と綴りとほぼ一緒で、ちょっと違う部分があるくらいです。したがって、英語の語彙力がある人なら、すぐに覚えられそうです。

単語はすぐに覚えられますが、文法がやや複雑だった記憶はあります。元々、そんなに多くの授業を割いていたわけではありません。大学1年は週に2回、2年は1回と、きちんと学習するのには明らかに学習時間が足りないであろうと思われるくらいの時間しか勉強していませんでした。だから、そりゃ理解が進みませんね。テストが当然あったので、私は当時は完全に暗記で乗り切っていました。

単語は割と覚えやすい、文法は最初はちょっとだけ苦労するかもしれません。ルールみたいなのを覚えちゃえば、あとはなんとかなるかな?って感じです。そのルールを私は暗記で乗り切ったので、皆さんも暗記をしようと思えばできないことはないと思います。結局、スペイン語を大学で学びましたが、それから数年経ち、ほとんど覚えていないです(笑)大学で学ぶ第二外国語なんてこんなものでしょう。

学校だけの学習だけでは、なかなか身になりません。使いこなせるようになりたいのであれば、それ以外の時間でも自主的に勉強しないといけません。第二外国語を選ぶ基準としては、将来的な有用性を優先するなら、それを優先して自分の考えで選んで問題ないでしょう。しかし、単純に何でも良い。単位がとりやすい。勉強しやすさで選ぶなら、スペイン語は割とおすすめだと思います。スペイン語は決して簡単とは言いがたいです。言語を学ぶわけですから。しかし、他の言語に比べると多少学びやすさはあると思います。


関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム