トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

共働きでもないのに、家事分担を要求する専業主婦に違和感

夫婦間の家事の分担ということが、世間の中で騒がれていますが、実際に家事の分担はするべきなんでしょうか?夫婦が共働きの場合は、家事の分担は自然な気がします。しかし、働いているのが夫だけという場合に、夫が家事を手伝う必要はあるのでしょうか?

そもそも、家事をするから、専業主婦になるから、という理由で仕事をしないという選択と妻はとると思います。すると、仕事をするのは夫だけですね。そうなると、仕事をする代わりに妻が家事をするから、夫婦間のある種の労働のバランスがとれていると思います。しかし、そこに夫が家事を手伝うことになると、妻の労働が減り、夫の労働が増えることになります。明らかにバランスが崩れるのです。

夫が別に構わないというのであれば、それは結構なことでしょう。しかし、世の中には妻のこうした要求に納得いかない夫の相談がいろいろなサイトで見受けられます。夫は家事を手伝う必要がないとしている人の割合が多いようですが、私もそう思います。家事と仕事の労働量を比べるのは難しいですけど。かけている時間でいえば、私は専業主婦の仕事はそれまで詳しくありませんが、大差はないと思います。残業が続くことも珍しくない状況では、仕事の方が確実に長いでしょう。

また、抱えているプレッシャーが違いますよね。家事は家族のためにやっているものですから、満足行かないことがあっても、家族から不満を言われるだけです。しかし、仕事は自分の、家族の生活が懸かっているので、上司から文句を言われるだけではなく、家族を路頭に迷わせてはいけないという極度のプレッシャーがのしかかっていると思います。すると、明らかに精神的には仕事の方が辛いだろうな・・・。と思うわけです。

家事は基本的には毎日単純作業をこなしていくだけで、それをしていれば基本的には文句を言われないでしょう。+αでサービスをしてくれたら感謝されることだってあると思います。しかし、仕事は現状維持じゃ許されず、常に成長や業績アップというプレッシャーをかけられ、本当に心も身体も休む暇がありません。際限のない努力を要求してくる会社も珍しくないでしょう。結局、精神的にのしかかる負担も仕事の方が大きいだろうと思います。

特に重要なのは、家事には過労死がまず起きないということです。私は家事で過労死が起きたということは聞いたことがありません。それはどれだけの時間を割くか?をコントロールできるから、自分の体調を崩してまで家事をこなすことを選択しないし、夫もそこまで求めない。でも、仕事の場合は際限のない長時間労働を強いられる可能性もあり、仕事の量を自分ではコントロールできません。言われるがままにこなすしかないのです。

そうなると、肉体的にも仕事のきついだろうな。というのが一般的な感覚かな?と思います。1度専業主婦になると決めたのであれば、よほどの事情がない限り、それに専念するように、全うするのがごく自然な気がします。専業主婦もやっていることは大変だとお察ししますが、仕事はそれ以上に大変なケースが一般的だと思います。中にはフルタイムじゃなくて、パートタイムで出る妻の場合もあると思います。その場合には話は別かもしれませんが、基本的には家事分担にはあまり賛成できません。夫婦関係を優先するために、仕方なく受け入れるのもありでしょうけど、嫌なら断る勇気も必要でしょう。尻に敷かれながら夫婦関係を続けていくのも辛いでしょうし。


ランキングに参加中です!良かったらクリックお願い致します!→ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム