トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

迷惑な歩きスマホに罰金等の規制をしても、効果はないと思う

近頃、CMなどでも話題を呼んでいる歩きスマホですが、それを規制すべきか?どうかが問題になっています。歩きスマホをしている人が非常に多く、それによって迷惑を被っている人が多いということでしょう。中には事故が起きてしまうこともあるでしょうし、多くの人に普及しているスマートフォンは、こういった形でも世間に問題を投げかけているのです。

歩きスマホをする理由としては、それだけ携帯電話が自分によって身体の一部のような感覚になるからでしょう。電車の中とか、駅のホームとか、止まっているときにスマホを見ていない人の方が少ない?と思ってしまうほど、スマホを見ている人は多いくらいで、ある種の中毒みたいなものかもしれません。実際、それによって歩行者同士でぶつかったりと、些細な迷惑も発生するでしょうし、歩きスマホをしない人にとっては、非常に大きな迷惑な人たちとして、煙たがられているのです。

じゃあ、このスマホ歩きを法律等で規制すべきか??ということが話題になっているのですが、皆さんはどうお考えでしょうか?法律で規制するということは、違反行為については罰金等のペナルティを課す可能性もあるということですよね。それは良いとしても、問題なのは実際に規制が可能なのか?取締りが可能なのか?ということです。ただ、「歩きスマホはやめましょう!」とマナーの向上を呼びかけるだけでは今と変わりがありませんし、規制とはいえないでしょう。

それを発見した場合には取締りを行うからこそ、規制といえると思います。ただ、じゃあ歩きスマホをしている人を検挙できるのでしょうか?例えば、渋谷のスクランブル交差点を渡っている人たちの中で、信号が変わるごとに何十人、何百人という人が歩きスマホをしていると思います。その瞬間に全員を検挙できるのか?できるわけがありません。警察官が足りません。

放置自転車の取締りが放置されているような地域もあるようですが、その理由も同じような理由だったと思います。つまり、理論上は可能でも、取り締まる人間の数に限界があるので、現実的には不可能だということです。だから、放置自転車は未だ放置されたままの地域がたくさんあると思います。歩きスマホの方が発生件数でいえば、放置自転車よりも多そうですしね。

それに歩きスマホは山ほどやっている人がいるので、いけないと分かっていてもやめようという意識が働きづらいです。みんながやっているから、自分がやっていても誰も怒らないだろう。って思っちゃうのです。赤信号みんなで渡れば恐くないと一緒で、格段に減らない限りはみんなやり続けると思います。スマホって、ポケットとかに入っているでしょうから、いつでも手にとって使える状態になります。すると、どうしてもついつい道を歩いていても気になって手にとってしまう心理があると思います。

結論からいうと、歩きスマホは規制をしても、そこまで効果があるとは思えません。しかし、少なからず抑止効果はあるかもしれないので、規制をしてみる価値がないとは言いません。ただ、人々の不満が消えるくらいにまで歩きスマホをする人の数が減るとは到底思えません。したがって、私は歩きスマホの規制について、支持はしますが、効果の期待はしません。


ランキングに参加中です!良かったらクリックお願い致します!→ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム