トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

出生前診断でダウン症の子を中絶するかは、各家庭の自由に任せるべき

ネットでニュースを見ていたら、出走前診断に関するコラムのようなものがあって、実際にダウン症の子供を育ててきた母親の本音と思われる言葉が載っていました。要約すると「当時、出走前診断があったら産むかどうか?悩んでいただろうけど、今の人たちには産んでほしい」といったことだったと思います。これはまさしく本音に違いないと思います。

というのも、ダウン症の子供もその母親も、好奇な目で見られてしまうということもあるでしょうし、はっきり言って肩身がやや狭い思いをしているかもしれません。それはどうしてか?とうと、ダウン症のような障害を抱えた子供が少ないからです。やっぱり、社会的に見て少数派の人たちはどうしても、それを不幸に思う面が出てきてしまうと思います。

つまり、世の中の全員の子供がダウン症だったら、そんな思いを持つ人はいないと思います。自分が今出走前診断を利用できるなら、障害を持ったモどもを産み、育てていく自信がない。または精神や肉体がきちんと耐えていけるのか?分からない。ということから、悩む。でも、すでにダウン症の子供を生み、実際に育てていく親の目線からしたら、「産んでほしい」という言葉から読み取れる心理は、要するに仲間が欲しいというところではないでしょうか?

この出生前診断をめぐる問題では、よく「命の選別」につながる。という指摘があります。ただ、事前の確認によって、産む、産まないを決めているのであれば、それは命の選別に他ならないと思います。また、命の選別と聞くと、良い響きには聞こえませんが、ダウン症の子供を責任を持って育てていく自信がない人がほとんどだと思います。だから、迷うという理由もあるでしょう。結果的に子供を幸せにできる自信が持てない時点で、それが命の選別に見えたとしても、それはある意味必要な選別な気がします。

子供の命、生まれてきた場合にはその後の人生、両親も含めて家族の人生がかかわるなのですから、私は本当はこういう問題に「生命倫理」のような概念を持ち出すべきじゃないと思います。少なくとも、この国では中絶は法律上合法とされているものです。今回の母親は「病気や障害を理由とした中絶は認めたくない。産んでほしい」としていますが、私はそういうことを言うべきじゃないような気がします。

生命倫理も結局は価値観の集合なので、別にそれは正解ではないと思いますし。各家庭で出走前診断を受けるか?どうか、そして中絶をするか?どうかを決めれば良いと思います。私も含めて、その決定に第3者ができるだけ口を挟むべきではないと思うんですよね。人の命や家族の人生がかかわる問題だからこそ、産むべき、産むべきじゃないという外部からの声は、文字だけしか見ていないからかもしれませんが、私からしてみればあまり責任を持った声には聞こえないのです。

私たちがどっちの選択を勧めようとも、その結果としての責任はとれませんから。私はこの問題については、各家庭の選択に全て委ねるべきだと思いますし、本人たちが意見を伺いたいなら、それもありでしょうが、それを欲していない段階であまり外部の人間が執拗に意見を押し付けないでほしいと思っています。こういう問題に関して1番恐いのは、世の中としての「正解」が空気的に生まれてしまうことだと思っています。その正解に従わないと、人間的におかしいと見られるような雰囲気、自主的に判断できない空気の形成が1番懸念すべき点じゃないか?と思います。
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム