トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

被リンクはSEOに効果大!でも、意図的に増やすのはNG

昨日は「手っ取り早くアクセスアップ効果!中古ドメイン取得の大切さ」の記事で、中古ドメインによる、アクセス数アップの話をしました。中古ドメインは多少は即効性があるアクセスアップの方法として有効な方法の1つだと思います。中古ドメインは私自身は実践していません。今後実践するか?は分かりません。私が実践した対策としては被リンクの増加が挙げられます。とはいっても、有料で被リンクを増やしてもらうといったものではありません。

以前、新聞記事で有料で被リンクを業者に100個とか200個増やしてもらったら、Googleにペナルティを食らって検索順位が軒並み圏外に!?ということがあって、結局全部外してもらった。というニュースを読みました。明らかに不自然な大量の被リンクが検出された場合には完全に逆効果であり、そこはGoogleも見分けられるということでしょう。

Googleがどうして被リンクを重視するのか?というと、良質なサイトには自然と被リンクが集まるから。という考えに基づいているというのです。したがって、一方的に自然に集まる被リンク以外はペナルティの対象になりやすいということです。ただ、一方的じゃない被リンク(相互リンク)はよほどやり過ぎない限りはペナルティの対象にはならないと思われます。相互リンクは一方的な被リンクよりは効果が落ちますけど、相互リンクは一定の効果をもたらると思います。私自身、多少効果を実感しています。

例えば、コピペサイトの2ちゃんねるまとめブログはどうして検索結果に大量に上位表示されるのか?というと、その1つの要因に大量の相互リンクがあると思われます。2ちゃんねるまとめブログは相互リンクをいろいろなサイトに申し込んで、お互いがリンクするという文化というか、慣例がすでに確立されており、また、新たにできたブログが大量にすでに存在するブログへのリンクをするという慣例もあるために、被リンク、相互リンクを集めやすい状況になっていることがあると思います。

特にページランクの高いサイトであれば、相互リンクとはいっても結構効果があるなーってのを、私も実感しています。被リンクは量よりも質といわれており、作ったばかりのサイトから被リンクが1000個集まってもあまり効果がない。それだったらページランク4のサイトからの被リンク5個の方が意味があると思います。被リンクは数を増やせば良いというものではなく、良質の被リンクを集める必要があるということです。

ページランクの高いサイトからの被リンクが増えれば、検索順位は上がっていく傾向にあり、アクセス数アップが見込めることになります。ただ、先ほども言った様にGoogleが評価するのは、あくまでも自然な被リンクであり、有料で大量の被リンクを集めれば集めるほど、ペナルティの対象になりやすいです。被リンクが大切なことは言うまでもありませんが、だからといって被リンクを集めることに躍起になると逆効果になるということです。

相互リンクを何件か申し込むことは基本的に問題ないと思いますし、その申し込み先がページランクの高い良質なサイトであればあるほど、その効果も実は大きいです。被リンクは勝手に増えていくものを期待し、自分から増やすことがあれば、それは常識の範囲内にとどめておきましょう。SEO対策を考えるうえでは、被リンクというのは本当に大切なのですが、それを逆手にとって利用すると、本末転倒になりやすいということです。


国内に数多くあるASPの中で、是非おすすめしたいのが「アフィリエイトB」です。ポイントとしては、クリック単価の異常に高い案件が掲載されているケースがあります。中にはクリック単価が10円、20円といったものまで案件として載っているときあったとも思います。アフィリエイトを行ううえで、商品購入などの具体的な成果を出すのは非常に難しいですが、広告をクリックされるだけならハードルは一気に下がりますよね。そういった意味で、アフィリエイトを始めたばかりの方などには、特にオススメしたいASPになります!
話題のアフィリエイトプログラム affiliate B

ランキングに参加中です!良かったらクリックお願い致します!→ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム