トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

「ニコニコ動画」でお馴染みのドワンゴが入社試験に受験料を導入!

ドワンゴ、新卒入試で受験料を徴収へ--「本気の方だけ受験してほしい」
http://japan.cnet.com/news/business/35040736/

数日前にはちきしん氏の記事を取り上げて、就職活動における受験料を徴収してはどうか?という意見を検証してみました。それを実際に導入する企業が現れましたね。しかも大企業で。ただ、今回はあくまでも首都圏に住む学生のみが対象で、それ以外の地域に住んでいる学生は無料で受験可能となっているようです。

>ドワンゴは、就活生がネットで簡単に100社近い入社試験にエントリーできるようになった一方で、就職口自体が増えているわけではないと指摘。また、受験生の増加に企業側の負担も増え、本当に必要な人材を見極める十分な時間をかけることが難しい現状があると説明。「就活生も企業も苦しんでいる現状になんとか一石を投じられないかということで、入社試験に受験料を設定することにしました」としている。

記事にもあるように、採用する側の負担を減らしたい、記念受験組排除したいという思惑があるようで、今後ドワンゴがこの取り組みをどう発展させていくのか?また、他企業追随するのか?は非常に注目されるところだと思います。

受験料をとるということで、いくら返金はしないにしても「いい加減な採用は出来ない」といった意識が人事の人たちにも芽生えてくれれば良いですけどね。今だっていい加減に採用活動を行っているとは思いませんけど、採用活動の不透明さは相変わらずですから、学生など外部の人間からしたらいい加減に見えてしまう部分はあると思います。

ただ、ドワンゴの場合は今は分かりませんけど、以前は一芸採用も行われていたようで、これは元2ちゃんねる管理人の西村博之氏が話していたことですが、「自分は我慢強くて、どれだけ殴られても怒らない」ということを面接でアピールしたら受かった人がいるみたいですし、ドワンゴの場合はいわゆる一般的な真面目な就活生とは違った視点の人を募集しているのかもしれません。

一応、私は受験料を徴収すること自体は賛成です。中には反対意見もあるようで、というかヤフコメは受験料をとること事態に非難、批判が殺到している状態でした。また、「負担が増えて受けられない人が出てくる」といった意見もあるようですが、それはそれで仕方ないでしょう。むしろ、それでも全然受験可能な学生からしたら、ライバルが減ってくれて好都合なのでしょう。

就職活動は絶対評価ではなく、枠が限られている相対評価ですから、良い表現ではないかもしれませんが、他人を蹴落としてでも内定を取るような非情な気持ちがないと難しいと思います。他人が不利になることをモチベーションに変えていく力が就活には必要なのかもしれません。
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム