トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

フリーランスは会社員と違って、炎上を恐れる必要性が乏しい

フリーで仕事をしていると、いろいろなところに配慮をしなくて済む。これはメリットというべきか、デメリットというべきか?分からないけれども、フリーランスで仕事をしている人に特有の話です。例えば、ネット上で炎上を騒ぎを起こしたりする人はたまに出ますが、その人が会社員だったら?暇な人が中にはいて、その人の本名とか、勤め先とかを調べまくる人がいて、その人が炎上を起こした人の個人情報をどんどんさらし続ける。

こういうある意味暇人の餌になると、どんどん自分の知らないところで炎上騒ぎが違った方向性にいきやすいです。というのも、次の会社に行ったら、上司に呼び出されて、炎上騒ぎのことで文句を言われるということもあるかもしれません。実は会社が特定されてしまうと、会社に対して文句や不満をぶつけるFAXを送りつける暇人がいるのです。

さらにその暇人の行動はさらにエスカレートして、その炎上騒ぎを起こした本人がしでかした以上のことを、本当に起きていないことまで、まるでその人が起こしたかのように装って、会社にFAXなり電話をするなりの嫌がらせ攻撃をして来る場合があります。会社としても、証拠が同時に提供されたわけではないでしょうから、その全てを信用するのか?と思いますけど、お灸が据えられることは必至でしょうし。同僚などから白い目で見られてしまうという迷惑を被りやすいです。

実際、本名とか、住所とか、勤め先がバレてしまうようなことはそうあるものじゃありません。SNSとかを発端にして炎上騒ぎは起こるわけですが、そのSNSに何か多分ヒントがあって、そこから推測をしたり、調べていく暇人がいるのです。彼ら暇人は何でそういうことをするのか?というと、単なるストレス解消とか、遊び半分で他人を不幸に貶めたいって気持ちがあるんじゃないでしょうか?したがって、こういう目に遭いたくないのであれば、個人情報がバレないように配慮するなら、炎上騒ぎにならないように配慮しないといけません。

しかし、私のようにフリーの人間からしてみれば、そういう必要性は低下します。というのも、会社に属していないので、会社に連絡して、私の立場を貶めようがありませんし、私の本名がバレても、私の仕事をしている相手は分かりませんから、私の仕事に支障はまず出ません。というか、私が仕事をしている相手というのは特定の人ではありません。そのときによって異なります。相手も本名じゃないですから。大半は匿名ですから。そして、私はそういう人たちに対して匿名で仕事をしています。そうなると、私の本名がバレて、私の名誉がどれだけ汚されても、仕事に支障はまず出ない。

会社に属していないから他人に迷惑はかからないし、自分の名誉が汚されても、自分がちょっとショックを受けるだけ。名誉が汚されるといっても、よほどのことをしない限りは、世間一般にその円状騒ぎが拡大することはありえません。大半はネット上を中心に祭り騒ぎになるだけですから、時間の経過と共に徐々に沈静化していきます。自分の周りで炎上騒ぎが仮に起きても、本名がバレても、住所が分かっても、顔がバレても、暇人からしてみれば、できることに限界があるし、それによってこちらは何のリアクションも起こさなければ、結局面白くないわけです。

だから、こちらが無視を続けていれば、通常であればそこまで炎上被害は広がりません。フリーだと炎上を恐れないで、空気を読まない発言でも遠慮なくしていける。それが必ずしも良いこととは限りませんが、窮屈な思いをしないで良い分、恵まれていると感じます。フリーで仕事ができること、匿名で仕事ができることは、会社員とは立場が全然違うということです。


ランキングに参加中です!良かったらクリックお願い致します!→ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム