トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

早期リタイアのために必要資金、毎月の生活費はいくら必要?

早期リタイア、アーリーリタイアといったものがやや流行を見せていますよね。働くのが当たり前という風潮が世の多数を占めている中、逆に働かない生活こそ正義!といった志を持った人たちが多く、それを実現するために頑張っているのです。個人的には働かないことがおかしいとか、蔑視される風潮は嫌いですし、早く淘汰されてほしいと思っています。この国に蔓延している、度が過ぎた労働万歳の風潮を排除していくために、こういった世の中の流れが今後どんどん浸透していってほしいと思います。

早期リタイアを考える人にとって、非常に大きいのはいくら資金、貯金を残しておけば良いのか?必要なお金はどれくらいなのか?ということでしょう。死ぬまで働かないでも生活できるお金というのは一体いくらなのか?ということだと思います。年金を支給されるということを前提としますが、だいたい5000万円あたりが最低ラインじゃないか?と言われています。そのあたりを掲げている人が多いですし、私も妥当な金額じゃないか?と思います。

これは何歳で会社を辞めるか?ということも大きく関係していますよね。いつ会社を辞めるか?ということも関係してきますが、じゃあ仮に40歳で早期リタイアした場合にはだいたい40年くらいの人生を仮定して生活するための資金が必要になるでしょう。住んでいる地域の家賃とかにも微妙に関係があるかもしれませんが、実は東京などの都会で住んでいる人でも、そこまでお金をかけないで早期リタイアを実現した人はいるようです。ですから、あまり気にしなくても良いかな?という感じはします。

家賃、食費、その他の費用をもろもろ考えると、1ヶ月当たり10万円強あれば、生活は可能じゃないか?と思います。生活保護で支給される金額があれば、理論上は生活は可能でしょうから。1番大きいのは家賃ですから、自分の持っている資金に合わせた家を探さないといけませんが、贅沢をするのは非常に難しいですが、一切働かないということを前提とすると、月に10万強、年間120万強あれば、生活をしていくことは可能だと思います。

そうなると、40歳で早期リタイアすると、後の人生が40年くらいと考えられます。そうなると120万円×40年間で4800万円ですか。年金保険料の支払い、そしていずれは年金の受給ということを考慮してもこれくらいの金額があれば、なんとかなりそうな気はしてきますね。ちょっと余裕を持たせて5000万円あれば、理論上というか計算上は問題なさそうです。そういった理由で5000万円あたりが1つの基準になるかな?という気はします。

ただ、やっぱり人が何歳まで生きるか?とか、物価の上下などの憂慮があり、それらはなかなか先が読めないということもあります。そして、早期リタイア後に急な出費、多大な出費がかかる事態になることがあるかもしれません。例えば、親の遺産を相続する際に、相続放棄をしなかったために、多彩な負債を背負ってしまった!?など。予期しないアクシデントに見舞われる可能性はあります。そうなると、5000万円のうち、一気に500万円とか、1000万円とか、非常に大きなお金が消えてなくなるといったこともありえます。早期リタイアをする場合の難しさは、理論上は早期リタイアに必要な資金は計算できても、その通りにその後の人生がずっと進むとは限らないということだと思います。

1度仕事を辞めて早期リタイアをしてしまって、途中で資金の減りが早い。このままだと持ちそうにないから、また仕事を始めるか?と思っても、中年の空白期間がたんまりある人を雇ってくれるところかどれだけあるか?雇ってもらわないで自分でお金を稼ぐ手段を持っている人は問題ないと思います。ただ、そういったものを持ち合わせていない人は、早い年齢でリタイアを実現すればするほど、未知な人生の量が増えるわけですから、非常にリスキーといえるかと思います。

つまり、計算して生活可能な資金は導き出せますが、その計算どおりに人生が進む前提での計算ですから、そこから問題が発生した場合には一気に窮地に追い込まれてしまう可能性は否定できません。余裕を持って資金を、貯金を残してくこと、そして早期リタイアをする年齢を遅らせるといったことをすると、そのリスクや少しずつ小さくなっていくと思います。早期リタイアをすること自体が今の世の中では、大変リスキーな行為なのかもしれません。

ただ、仕事はリタイアするけど、ちょっとしたプチワークみたいな感じで、生活資金をリタイア後も稼いでいく。それは別にアルバイトをするとかではなくて、場所を選ばずに自宅でもできるような仕事を選んで、1日30分でも、1時間でもやっていくと、リタイアした後の生活も安定しやすいですし、リタイア前にあらかじめて始めておけば、リタイア後に資金が底をつくという心配は大分軽減されると思います。具体的な方法については、詳しくは「アーリーリタイア後に資金が底をつく失敗を避けるには?」の記事を参照してみてください。リタイアしてみると、結構暇を持て余す人も多いみたいですから、1日1時間くらいのプチワークであれば、別に何とも思わずに続けていけるのではないでしょうか?




ランキングに参加中です!良かったらクリックお願い致します!→ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム