トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

公務員試験の予備校に通い始めるのはいつからが良いの?

公務員試験をこれから受験予定の方は予備校通おうか?迷っている人もいると思います。予備校に通った方が専門的な授業を受けられますし、面接対策、論文試験の添削などを受けることができて、合格に近づくということはいえるかと思います。ただ、多くの方が気になっているのは、じゃあいつから予備校に通えば良いのか?ということでしょう。

いつから通うべきか?という答えが時期を求めているなら、特に正解はありません。いつでも良いと思います。というか、予備校に通おうと考え始めた時点で、すぐに通い始めた方が良いかもしれません。というのも、通い始めるのが遅くなればなるほど、単純に勉強にあてる時間が短くなるので、不利になります。逆に早く通い始めれば、それだけ勉強はすぐに開始できますから有利になります。

そういった単純な理由で通い始めるのならば、できるだけ早い方が良いのです。また、予備校の方も実はどの時期に通い始めても問題なく授業を受講できるようなシステムになっているのです。つまり、4月に受講を始めても、5月に始めても、6月に初めても、必ず1番最初はガイダンスから始まり、教養試験でいえば数的処理、専門試験でいえば憲法といった科目からスタートすることになります。これは資料請求などをしてもらえれば、授業のスケジュールが分かるかもしれません。

そういった感じで、どの月に受講を始めても、誰もが1番最初の授業からスタートできるシステムがとられています。ですから、予備校に通い始める時期で迷うことというのはそれほどありません。多くの人は新年度にあわせて4月から、大学生であれば大学3年の4月から通い始める人は多いかもしれませんね。

公務員試験の一次試験はだいたい4~5月くらいから行われるので、そのちょうど1年前くらいから予備校生活をスタートさせる人が多いのです。公務員試験の勉強期間はだいたい1年間くらいは見積もってもらった方が良いと思います。そういう意味では遅いのは問題ですが、早すぎるくらいなら問題はほとんどないと思います。一次試験の試験日の1年前を目安にして、それより早いのは問題ありません。しかし、それより遅いのは少しずつ勉強時間が少なくなってしまうので、問題が大きくなってしますのです。

1年前から通い始めれば、大学授業とも両立しやすいでしょう。予備校は夜の授業(18時以降)もやっていますし、大学が終わってから通うことも可能です。それに出られなくても、DVDを借りて出られなかった授業をフォローするなどのサービスも最近の予備校では実施されています。ですから、いつ通い始めてもOKですし、通うことがあらかじめ決まっているなら、できるだけ早い方が良いと思います。公務員試験は予備校で万全な体制を作って、自信を持って臨みましょう!


公務員試験は筆記試験の膨大な科目を一定の期間で勉強していかないといけません。したがって、とにかく効率の良い勉強方法ととっていかないといけません。資格合格を目指す「クレアール」では、「非常識勉強法」と題された、いかに時間をかけないで、いかに出題可能性の高い点だけを勉強していくか?それを過去の傾向から分析して、独自の講義を行っています。効率的な勉強と効率的な安い費用で公務員合格を目指すことができる点が、他の予備校とは確実に違う点です。
資格★合格クレアール
科学的・合理的・経済的に資格試験の合格が目指せます!詳しい資料を無料で急送します。

関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム