トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

就活の問題点「ジェネラリスト偏重主義」=採用基準が不透明

就活が問題視されるのは、いろいろな角度から行われることがあります。そのうちの1つに採用基準が不透明というのがあるでしょう。これは誰もが思っていることかもしれません。企業の採用ページでは「こんな人物像の人が欲しい」というのが書いてあります。ただ、人によって細かい捉え方が違うような、かなり抽象的な表現であって、ほとんど参考になりません。また、それらを全て兼ね備えたスーパーマンのような人材というのも、現実的にはまずいません。企業が掲げる、何でもこなせる理想の人材ってなかなかいないのです。

今の日本企業は基本的には文系であれば、ゼネラリスト、ジェネラリストをどこも欲しがっています。つまり、職種別の募集というのは新卒の就職活動の場合はほぼ行われません。総合職といった形で、ある程度のスパンでいろいろな職種をどんどん経験していくタイプの採用の方法を行っているのです。つまり、企業は何でもできる人を欲しがっている。という構図になってしまっているのです。

研修を行えば、どの職種でも対応できることはできると思います。ただ、それは入社後の話であって、入社前には学生は非常に困るわけです。これは以前、あるラジオ番組で山田吾郎氏が言っていたことですが、「日本の就職活動ジェネラリストを欲しがり、養成しようとするから、就活生の立場からすると、努力のしようがない」ということです。専門的な職種というか、もっと細かい募集をしていれば、例えば、この会社は海外勤務を行っていて、そこで働く人を募集している。じゃあ、英語を勉強すれば有利になる。といった努力はこの場合はできます。

しかし、ジェネラリスト募集の場合には、はっきり言ってとにかくいろいろな分野に優れている人が欲しい。そして、そのいろいろな分野ってナンだ?って言っても分からない。じゃあ、努力のしようがない。となってしまうのです。英語ができる人の例でいえば、じゃあ、TOEICのスコアを競ったりすることもあるでしょうから、優劣がはっきりするし、採用、不採用に納得がいきやすいというのはあるでしょう。本来はTOEICのスコアは英語力をそのまま表す指標ではないと思いますけどね。

採用基準が不透明、面接を受けてみて、面接官の気持ち次第でほぼ全てが決まるために、学生としてはそこに納得がいかない。そして、次に生かす努力をしようがない。という永遠の悩みがつきまとうのです。ただ、企業がジェネラリストを欲しがるのは自由でしょうし、仕方ない面もあるかと思います。実際、スペシャリストを雇うのであれば、学生が採用される割合が減り、中途採用とかの経験者採用に傾くのかもしれません。

ただ、山田吾郎氏は先ほど言ったように「努力のしようがない」ということをかなり強調しており、その努力がどれだけたくさんの会社を受けるか?面接の受け答えを鍛えるとか、仕事と関係ない方向にばっかりいってしまっている。これは日本のモノ作りを衰退させる要因にもなっている。としていました。そして、この日本のジェネラリスト偏重主義は即刻正すべき。と声を大にして言っていました。こんなやり方をしていると、結局何にもできないジェネラリストしか残らないということを特に懸念していました。

新卒で採ったジェネラリストが全員上手く機能しているなら、中途採用でスペシャリストを採る必要性も乏しいですよね。でも、多くの企業では少なからず中途採用を採用しています。やっぱり、新卒ではほぼジェネラリストだけ採るやり方は成功していると言えるのかな?ってのが疑問です。よく新卒で採った学生が使えないという言葉を耳にしますが、そりゃ就活生のしている努力は先ほども言ったように、仕事と関係ない方向ばかり言っているのですから、当たり前です。内定を手にした学生というのは、優秀な就活生であって、優秀な社会人ではないのです。じゃあ、その原因は何か?というと、ジェネラリストを求め、仕事とほとんど関係ない努力を学生時代に強いる、日本の多くの企業だということになると思います。


ランキングに参加中です!良かったらクリックお願い致します!→ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム