トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

就活中、自分のSNSを人事に見られる→不採用にされることも

就活生がTwitterや Face bookを辞めようとするケースが多くあるようで、これは当然就職活動に不利に働く可能性が高いからということでしょう。選考を進めていく過程で、人事が候補となっている学生の名前を検索することはよくあるそうです。そして、引っかかるとすればFace bookが1番多いでしょうか?本名でやっているケースもあるので。

そして、そのFace bookの書き込み等を見て、人事の印象が悪くなると、それだけで潜在的に不採用を食らうケースというのがあるのです。また、Twitterの場合はもっとあるでしょう。Twitterを本名でやっているケースってそんなにないと思います。しかし、聞いた話では、本名じゃなくても人事は、このアカウントはこの人だろうと、確信があるのか?は分かりませんが、思い込んでそれを選考の材料にしてしまうことはあるようです。

実際に本名が出ていないと、確証は持てないですよね。本名が出ていても顔写真でもないと、同姓同名という可能性もありますからね。Face bookの場合は、経歴を書いていることが多いので、それらを照合すれば、同姓同名の可能性はかなり低いと思いますけど。つまり、就職活動中は本名を隠すとか、SNSの利用をやめて退会するとか、そういった対策をとることもできますが、今述べたように人事の方も調べ方が適当になっていって、他人のSNSを見て、自分が不利を受けている可能性もあるということです。

あと、人事だけじゃないんですよね。実は、就職活動をしている本人と企業ともかかわりがない第三者がTwitter、Face bookを見て、あら捜しをしていることもあります。以前、とある女子大生が標的になったことがありました。その人は大手企業に内定を得ていたものの、その後にTwitterに他人を侮辱するような投稿を画像つきでつぶやき、それを見ていた人がツイートを拡散し、2ちゃんねるなどを中心に炎上騒ぎになったことがありました。

その女子学生はミスコンに出るほどの人で、顔も本名もバレており、内定先の企業まで特定されていたようで、そこに内定取り消しを求めるメールを送り続ける暇な人たちが後を絶たなかったとか?結局、その騒動はどうなったのか?は分かりませんが、内定が出た後もこういう不祥事をかぎまわっている人たちは一定数いますから、気を抜かないこと。というか、不適切なツイートをそもそもしないことが大切です。

面接では、自分を偽れても、SNSは知り合いとかもたくさん見ているので、自分を偽りづらいですよね。あれ?こんな人だっけ?と思われるのもあれでしょうし。また、気が緩みやすい傾向もあると思います。就活前から利用していて、いざ就活を始めたら、別人格で利用するというのも無理でしょう。それに過去にした書き込みは別人格になる前の状態で残っていますし、消したくない人も多いでしょうから。それを人事とか見られたら・・・。と思うと、やっぱりFace bookを本名で利用するのは危険だということですね。Twitterを本名でやっている人は少ないと思いますけど。
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム