トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

外国人排斥?「Japanese only」は、実は至るところで見られる

今朝の朝日新聞の一面に載っていた記事「日本人以外お断り」という文字が、実は案外至るところで目撃されるということです。サッカーJリーグチームの浦和レッズが同様の文字を写した横断幕を観客席で掲げていた問題がありました。未だに私はどういう意図で、そのような行為をしたのか?よく分かりません。浦和レッズのサポーターの問題を受けて、無観客試合が開催されるなど、各地へ波紋を広げました。

私は一部のサポーターがやったことに対して、何で他のサポーターまで責任をとらされるんだろう?と思います。浦和のサポーターだけじゃなくて、対戦相手のサポーターまで観戦できないという、はっきり言ってワケが分からない事態です。制裁としての無観客試合は度が過ぎているというか、ペナルティの方向性としてちょっとおかしいんじゃないか?と思います。

そして、今日の朝日新聞の記事に載っていたのは、記者が外国人の友人を連れて、東京都内の飲食店に入り、天丼を頼もうとしていたとき、そのお店の中に「Japanese only」という、浦和レッズのときと全く同じ文字があり、それを文字外国人の友人はテンションが落ちて、記者は「この店を出た方が良いか?」と思ったほどだそうです。外国人がショックを受けるのは当然でしょう。日本人の記者についても同様かもしれません。

そのお店はどうしてそういう文字を掲げたのか?というt、実は以前中国人の団体客の振る舞いが酷すぎて、お店側がかなり迷惑だった。という事情があったみたいですね。土足で畳の上ではしゃぐとか、日本人ではちょっと考えられない行動でお店側としても、無視できない状況だったのでしょう。したがって、単なる嫌がらせとか、差別の意図ではなく、お店の経営上仕方ないというのが、お店の言い分みたいですね。

「衛生面で営業停止になったらどうするんだ?」、「損害を被ったら誰が責任をとる?」という言葉を聞くと、そりゃ反論できません。外国人の中には異質な日本文化に上手く対応できない人もいると思います。だからといって、外国人をひとまとめにして追い出すのはどうか?とも思いますけど、お店に何か起きた場合に、私だって責任はとれませんから、お店の対応には文句は言えません。

記者は「東京オリンピックが開かれるのに、これで良いのか?」と書いていましたが、少なくとも国民全員が東京オリンピックを歓迎しているなんて思わない方が良いですよ。東京オリンピック開催決定のときに、世の中の雰囲気としては大盛り上がりでしたが、全く逆の反応をしていた人も確かにいます。東京オリンピックをやっている暇があるのか?もっと先にすべきことがあるだろ?それは私も同感で、東京オリンピック開催には期待もありますが、素直に喜べない部分もあり、賛成も反対もしていない感じです。

少なくとも、東京オリンピック開催に向けて、全国民が協力し合おう!という姿勢はやめた方が良いと思います。やる気のない人、もしくは東京オリンピック開催に反対の立場の人を巻き込んでも良い結果は出ないし、無理矢理協力を仰ぐのは、ちょっとおかしいと思う。お店がどういう方針で経営するか?は法律等に違反しなければ、お店の自由です。お店も経営がかかっているので、今回のような事情があれば尚更です。全世界の人々が共に喜び合える国になってくれれば、それは最高でしょうが、そんな理想を多くの人々が追い求める余裕があるほど、この世界は、人間は、都合よくできていないのです。


ランキングに参加中です!良かったらクリックお願い致します!→ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム