トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

就活でWEBテストをどれだけ対策しても、実は出来レースだった!?

私は以前、就職活動をしていたときにある会社のWEBテストを受けました。それはテストセンターというような場所で受ける形式で、いわゆる替え玉ができないような形式だっと思います。確か、受付では学生証とか、顔写真が貼ってあるものを提示した記憶がありますし、こういうところでやると替え玉などは防ぐことができるのでしょう。

ただ、こういう会場が使えるのは、そこまで規模が大きくない会社でしょうね。そこは知名度も全然ない中小企業でしたから。もっと大きな会社で応募者が殺到するようなところは、WEBテストをやるような場合は自宅で各自やってもらう。といった形をとるでしょう。別に替え玉がそんなに悪いとは思っていません。というのも、替え玉が可能な試験で、替え玉を使うことを企業が不正だと思っているのか?疑問だからです。自宅でやるからには替え玉し放題ってのは、企業にも当然分かる。それでも自宅でWEBテストをやらせるなら、そこは容認しちゃっている気がしてならないのです。

当時、私は替え玉を使おうなんて思いませんでしたし、使いませんでした。はっきり言って対策も全然とらずに、テストセンターでのWEBテストを受けてきました。問題自体は全体的に可もなく不可もなくって感じで、感覚的には正解は半分くらいかなー?って感じでした。あー、これだと不合格かな?と思っていましたが、後日メールで次の選考に進んでください。というお知らせが着ました。あれ?あんな出来で合格なの?って拍子抜けでした。

問題のレベルは普通くらいだったと思います。それで5割くらいしかできませんでした。でも、これでも受験生の中では上位に入ったのでしょうか?次の選考に進めたということは、おそらくそうなんでしょう。でも、はっきり言ってWEBテストで出てくるような問題って、私は苦手です。主に国語、数学の分野があります。国語の方はそこそこですが、数学の方は文系ですから当然苦手です。あまりできた気がしません。あと性格検査もありますが、これも対策を全然とっておらず、かなり適当です。それでも通っちゃった・・・。

ここで仮説が1つ立ちます。それは以前から言われていることがあったと思いますが、実はWEBテストをやるという名目で実施しているのは、単なる学歴フィルターじゃないか?ということです。WEBテストという、いかにもそれっぽい選考をしておきながら、その結果で合格、不合格を決めているのではなく、裏では学歴のみで次の選考に進むか?どうかを決めているというものです。

そこは従業員200人くらいだったかな?のIT企業でしたし、選考プロセスも結構長かった記憶があるので、かなりの応募者がいたのでしょう。すると、WEBテスト等で事前に足きりしておく必要があったのでしょう。それにWEBテストの結果をそのまま使う企業もあれば、実はそんなものはフェイクで、学歴などで結局は決めているケースも確かにありそうです。今回の場合は、私の感覚からすると、そのケースだったんじゃないか?という気はします。

私の場合は次の選考に通ってしまったので、学歴フィルターで審査されていた場合、学歴が良いと判断されたのでしょうか?(笑)それはそれで嬉しいことですが、実際こういう見かけではWEBテストで決めると公言しておいて、裏では別の要素によって決められていた場合、就活生にとっては可哀想だと思いますし、怒りがこみ上げてくる人もいるでしょう。学歴でとりあえず選考することは、それを騙す形でなければ良いと思います。ただ、世間でも言われているように、私の体験談では、そういう就活生を騙しているケースがある可能性はありそうですね。

就職活動はそういったいろいろな理不尽なことが起きやすいものだと思いますけど、そういった厳しい中で内定までこぎつけるのは非常に難しいです。特に多くの就活生が利用していると思われるサイトのみを利用している人は要注意です。就職支援サイトって、特定の有名なサイトに集中しやすく、人気や知名度も高いために誰もが利用するじゃないですか?すると、そこから応募した企業というのは、当然倍率が高くなりやすいですよね。よほどの不人気の業界や企業でないと、常に高い倍率の中で勝負をしないといけないことになってしまいます。したがって、そういう有名で多くが利用していると思われる利用しても良いのです。そういう有名サイトは掲載している求人の数も多いですから、自分の理想としている企業がその中にある、見つかる可能性は他よりも高いですからね。メリットもあるのです。

ただ、そこだけしか利用していないと、すでに説明したようなリスクがありますから、いつまでだっても内定がとれない事態もありえます。そこで、今使っている有名な就職支援サイト以外のサイトも使って、リスクを分散させていきましょう。例えば、「いい就職.com」のようなサイトを利用すると、就活生にとっては非常に有益だと思います。それは多くの就活生が利用しているようなサイトと比べると知名度が劣るかもしれないので、応募した企業がそこまで高倍率にはならないということがまず1つです。そして、当サイトでは独自に就職活動のために説明会やセミナーを開催したりしていて、新卒の就活生にはぴったりではないでしょうか?登録は無料ですし、本気で内定を獲りたいのなら、こういったサイトも利用すると良いかもしれません。

日本の若者の就職応援サイト「いい就職.com」



2015年最新版 史上最強SPI&テストセンター超実戦問題集

新品価格
¥1,404から
(2014/4/29 03:29時点)




ランキングに参加中です!良かったらクリックお願い致します!→ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム