トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

就活等で、履歴書の趣味欄を書くときの1つ大きな注意点

就職活動とかで、履歴書の趣味欄に何て書こうか?迷った経験がある方も多いかもしれません。これは面接で聞かれるという可能性もあり、どうやって書いたら良いか?ちょっと分からないかもしれませんね。基本的には「読書」とか、「音楽鑑賞」とか、そういうありがちなものを書くのではないでしょうか?基本的にはそれで構わないと思います。

ただ、そういうテンプレ回答が嫌な人は、ちょっと他者と差別化を図るために、変わったものというか、ちょっと自分らしさが出るようなものを書く人もいるかもしれません。そういう是非注意してほしいことがあります。それは人事の人のとって、印象がよろしくないものは書かないということもありますが、もっと大切なのはそれが毎日できることか?どうかということです。

ストレス解消法は何ですか?という質問をもしかしたら面接でされるかもしれません。その回答は=趣味になる人も多いのではないでしょうか?趣味に没頭しているときがストレス解消になるということです。そうなると、先ほど言ったように、できるだけ毎日行えるものの方が会社としては好ましいわけです。それは当然、会社で働いていたらストレスがどんどん溜まります。そのストレスを晴らすものがないと、鬱になったりして欠勤、そして退職なんてことになれば会社としても損害が出ますから。

やっぱり、ストレスを溜め込まない人、ストレスを発散することができる人の方が良いわけです。そこで、ストレス解消法は何か?といった質問をする場合もあれば、履歴書などの趣味欄を見たり、あとは趣味をストレートに面接で聞いてくる可能性もあると思います。そういったときに、もしかしたらストレス耐性のチェックをしているかもしれませんので、毎日やろうと思えばできることを選んでみた方が良いかもしれません。

例えば、月に1回とか、たまにしかえきないものは好ましくない可能性があります。1ヶ月もストレスと溜め込んだら、ヤバイんじゃ?と人事の人も思うでしょうから。例えば、旅行とか、コンサートとか、スポーツ観戦とかです。逆にカラオケ、読書、音楽鑑賞、ゲームなどは毎日できますから、ストレス発散は毎日可能ですね。ストレス解消ができるか?どうかというのは企業が採用する人を決める際に結構重要視しているんじゃないかな?って思います。

特に面接でわざわざ聞いてくる場合には、企業としてもストレスを溜め込まない人が欲しいと心から思っているに等しいと思います。なんとなく、趣味とかを考えるのではなく、企業受けする、企業にとって都合の良い趣味(ストレス発散法)選びましょう。毎日できるものであって、印象があまりよくないものじゃなければ、ほとんど何でも良いと思います。履歴書の趣味欄は案外いろいろな目で見られている可能性がありますから。


ランキングに参加中です!良かったらクリックお願い致します!→ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム