トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

隠れ家的バーの口コミ情報は「食べログ」に掲載拒否できる?

多くの方が利用していると思われる口コミ投稿サイト「食べログ」を運営する価格.comに対して、お店の情報の掲載の削除と損害賠償を求める提訴がされているというニュースを見ました。こうしたサイトは以前から、お店の名誉にかかわる情報が載りやすく、よく思っていないお店の人も多くいる一方で、どうしてこういうサイトがあるのか?といえば、お客さんが参考にするため、要するに需要がたっぷりとあるからでしょう。

そして、今回の裁判は大阪の隠れ家的バーが、あまり注目を浴びたくないために、ひっそりと営業をしていたのだそうです。しかし、お店を利用した誰かが食べログにお店の情報や口コミを載せたため、世間一般に知られることになってしまい、ひっそりと営業したかったお店の運営方針が害されたというのです。それを理由に食べログに載っている情報の削除を求めたところ、価格.comは「表現の自由があるのだから応じられない」とばっさりです。

さて、この問題どちらの利益を優先すべきでしょうか?表現の自由とプライバシー権が焦点のなった「石に泳ぐ魚事件」がヒントになりそうな気はします。ただ、今回の場合は私は表現の自由を優先すべきのような気はしますけどね。というのも、食べログが行ったのはあくまでもお店の情報の掲載であり、その情報はお店の名誉を侵害するようなものではないと思われます。社会通念上、この書き込みがお店にとって不利益なものであるとは考えづらいのです。

例えば、世の中に公開しているブログがあります。ブログを書いている本人はひっそりと日記のつもりで書いていました。しかし、そのブログを見た人が2ちゃんねるにURLを貼り、そこから多くの人がブログにアクセスしてきたことにより、そのブログの運営者の利益を害したため、2ちゃんねるに削除の要請を出しました。しかし、2ちゃんねるは削除要請に応じません。これと似たような状況かもしれません。ひっそりと日記を書きたいならネット上にアップしないで、日記帳に書いていれば良いという突込みがありそうですね。

そして、今回のケースはお店を経営する以上、ひっそりとやりたいというお店の希望も分かるのですが、意図的にひっそりと経営するのは難しいです。誰もいない山奥にお店を開く、自室を利用するとか、会員制にするとか、そういったことをするなら可能かもしれません。お店はひっそりとやりたくても、それを知らない人は世の中に多数いるわけで、お店の意図しないところで、話題がどんどん広がっていくことは自然に予想できると思います。したがって、本当にひっそりとやりたいなら、先ほども述べたように山奥にお店を建てるとか、自分の部屋の中にバーを作るとか、信頼できる人間しか店に入れないとか、そういうひっそりと経営をするための努力をすべきではなかったのか?と思います。

お店側は利用客に「口コミサイト」等に公言しないようにと伝えていたみたいですが、これをひっそりと経営するための努力とするのは難しい。努力と評価するには乏しい気がするのです。公の場に、人通りがある程度あるような場所にお店を出す以上、話題性を一切振りまかないというのは、物理的に、社会通念的に無理と判断するのが妥当だと思いますから、そのような隠れ家という売りを法律が保護すべきものとは思えないのです。

このバーの場合は、口コミサイトに投稿しないでほしいと知っていた人間が情報を公開したということらしいですから、その客の行動は評価できるものではないですが、これが問題なのは利用した後にそういうことを告げている点です。利用に際にして「うちで酒を飲むなら、絶対に公言しないでくださいね?」という契約を結んでいたというのなら、利用したのだから公言はしてはいけない。という理屈になりそうです。ただ、利用をした後に「公言しないでくださいね?」と言ったのであれば、それを守るか?どうかは客次第ということになってしまいます。

前者の場合は契約という法律行為をしていれば、公言した客に対して債務不履行の損害賠償を請求できそうですが、後者の場合は単なるモラル違反というレベルでしょう。法律が介入する問題ではないと思います。よって、何が問題か?っていうと、本来ならばお店と情報を書き込んだ客との間の問題だったはずです。食べログはユーザーが書き込んだ情報を掲載しているだけの立場で、食べログが情報を削除できるのは、サイトの利用規約、または法律に違反しているような書き込みの場合であって、それ以外の理由で書き込みを削除する義務は発生しないと思われます。

今回のポイントはお店側の収益が確実に下がるなどの実害が出ていない点です。客観的に名誉を侵害されているわけでもないえすし、経営に打撃があるわけでもない。むしろ収益は増えそうですし。損害があるとすれば、お店を経営している店主の精神的な損害です。これをどこまで認めるべきなのか?私の感覚だと、パスタ屋さんに行って、箸で食べていたら、「スパゲッティはフォークで食べろ!」と、お店の、店主のこだわりについて文句を言ってくる場合と同じようなレベルに思えてきます。これだって、「お店が作ったパスタはフォークで食べてほしい」と思っている、お店の人間の精神的な損害といえるのかもしれませんが、これで訴えを起こして勝てるでしょうか?フォークを使え!と言ったのに、客は箸を使い続けた。それで店主の精神が害されたは通用するのでしょうか?

食べログが掲載を削除すれば、情報が減ることになり、収益低下(通常、1軒のお店を削除したくらいでは明らかな損害とは言いづらいけど)につながる。仮に今回のお店の削除要請が認められたら、全てのお店が同じ行動に出ることもあり得ます。すると、食べログは全てのお店の情報を削除しなかればならなくなり、食べログは運営できなくなる。価格.comも損害は甚大なものになってしまいます。これは理論上あり得ることです。つまり実害がある。しかも、場合によってはかなり膨大なものになってしまうのです。しかし、お店側の方は精神的な損害であり、かつ実害ではない。そうなると、両者の利益を比較すると、答えは出るかな?って感じです。

しかし、例えば私のブログに載せた情報に対して、削除要請があれば削除しますね。誰かに恨まれながら、運営するのも嫌ですから。今回の問題は食べログのようなサイトを運営する人間の気持ちの問題、モラルの問題であって、本来であれば削除するかどうか?は管理者が決めるべきことじゃないかな?と思います。お店と良い関係を築きたいなら、削除要請に応える。そうじゃないなら、無視するというのが、とれる手段です。しかし、今回の場合は価格.comの収益の問題もあるので、個人ブログに載せた情報と同列には語りづらいという難しさがあります。価格.comは経営がかかっていますから。
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム