トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

夏に行われる公務員試験の面接の服装は、クールビズで大丈夫!

夏などの暑い季節に公務員試験の場合は、面接試験が行われる傾向にあります。だいたい7~8月あたりの1番暑い季節ですね。それ以外の時期にも面接試験は行われていますが、だいたいの試験種はこの時期に集中しやすく、多くの受験生がスーツを着て、面接会場に行く様子が窺われています。ただ、実は公務員試験の受験生の場合は就職活動の学生とはちょっと違う部分があります。

就職活動の場合は、「暑い季節の就活は上着なし、ノーネクタイのクールビズでOK?」の記事でも紹介したように夏の暑い季節でも、スーツの上着を着て、ネクタイもきちんと締めて、という格好をして来る人が非常に多いです。しかし、公務員試験の場合は実はそういう格好はあまり多くありません。実はクールビズの格好をしてくる受験生は意外に多いです。それは面接を行う側がクールビズで来るようにと明言していることも一因にあります。ただ、それは民間企業でも行われているようですが、こういう差があるわけです。

じゃあ、どうしてこういう差が生まれるのか?というと、それはそういう慣例があるか?ということに尽きると思います。公務員試験の場合は、クールビズ面接と言われたら、受験生はノージャケット、ノーネクタイのクールビズの格好で来るというのが暗黙の了解になりつつあり、過去の受験生がそういう格好で多く来ていることを、現在の受験生も知ることができる。だから、安心してクールビズの格好で面接会場に行くことができるのです。

やっぱり、他の受験生がどういう格好で来るのか?ということは大きいです。1番の不安要素は自分はクールビズの格好で来たのに、他の受験生はちゃんとした上着を着て、ネクタイを締めて、といった格好で来ているということです。やっぱり、仲間はずれは焦るわけです。公務員試験の場合は受験生の間にクールビズと言われたら、クールビズで来るという共通認識があるために、クールビズ面接が成立しますが、就職活動の場合はまさその共通認識が成立していないので、みんなクールビズの格好では来ないのです。

ですから、就職活動の方も時間が経てば共通認識が成立して、多くの人が安心してクールビズの格好で面接などに向かう姿が見られるかもしれません。ですから、これから公務員試験の面接を受験される方で、クールビズを指定された方は、安心してクールビズの格好で良いと思います。他の受験生も多くがクールビズの格好で来ますから。中には上着とか着てくる人もいると思いますが、会場に着くと脱いでいる人が多いです。

こういう暑い季節でも、我慢して汗だくにありながらスーツをビシっと決め込んで就職活動をするのはきついでしょう。それこそ脱水症状などになって、ある程度の期間を棒に振ってしまう可能性があったりしますし。こういう問題は何がいけないのか?っていうと、やっぱり就活生の立場が企業に比べて弱いから、常に企業のゴマをするような行動をとらないといけないという点です。公務員試験でもそれは同じなのですが、それを受験生間の共通認識の設立という方法によって克服しています。就職活動でも同じような事態になってくれれば良いと思います。


公務員試験の面接に向けて、自己PRの仕方、志望動機の伝え方など、面接を迎えるにあたって、少し自信が持てないという方に特に読んでほしい1冊です。どちらかというと、表現の仕方などのテクニックについて学べると思います。いくら良いエピソードを持っていても、面接カードへの書き方、面接での話し方によって魅力が全く伝わらない可能性もありますが、面接官の心にぐっとくる「面接力」をつけるのにぴったりの1冊だと思います!


ランキングに参加中です!良かったらクリックお願い致します!→ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム