トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

面接よりも、インターンシップを見て内定を出した方が意味がある

面接というのは、私は凄い非合理的なシステムだと思っている。面接を何故やるか?っていうと、その人を1番知ることができるシステムだから。というのが企業側の言い分かもしれません。人柄とか、考え方とか、そういう部分につい知ることができるから、面接をどの企業も行う。しかし、本当に面接がそのようなものを知るための1番優れている方法でしょうか?

面接というのは、当然ながら受ける側も自分をかなりの程度偽ってくると思われます。振舞い方や受け答えの内容についてまで。面接官が勝手に「自分は嘘を見抜ける!人柄が分かる!」と思っているかもしれませんが、そもそも嘘を見抜けたかどうか?真の人柄が把握できたのか?というのは証明ができませんよね。それをどうやって知るのかな?と凄い疑問なんですけど。つまり、証明がない=実績が積まれていないのに、自分は凄い人間だと言っているということでしょうか?

結局、会って数十分程度で分かることなんてたかが知れていると思うのです。そこで、面接以上に優れているのがインターンシップだと思います。これは実際に会社で行っている業務を経験させて、就活生に企業のことを知ってもらう。企業研究などに役立ててもらうという、完全に就活生向けの意味合いが強いかと思います。しかし、これは企業側にもメリットがあると思っていて、実際に仕事をしている姿を観察できることから、入社後にどういう姿勢で仕事に取り組むのか?とか、利益出してくれそうか?とか、そういう具体的なイメージが膨らみやすいと思います。

以前「「就職活動」なんて、概念そのものが要らないんじゃいないの!?」という記事でも書いたように、私はそもそも就職活動なんて概念はなくして、アルバイトから正社員登用をするのが1番ベストじゃないか?と思います。労働者側にとっても、企業側にとっても、双方がお互いのことを理解したうえで正社員として雇用した方が良いだろうということです。インターンシップを利用するっていうのも、それに似ています。

そうした方が学生が実際に働き初めて感じるミスマッチ、企業側が雇って初めて感じるミスマッチの両方を解消できる可能性があるということです。インターンシップ自体は内定を獲るために有利と言われているから、参加する学生は大勢います。そういった機会をもっと拡大してみたらどうかな?と思います。ただ、問題なのはインターンシップに参加可能な学生の数というのは、面接と比べるとそれほど多くないということです。要するに、与えられる仕事の量に限界があるということ。1人の学生を審査するのに、凄い時間がかかること。などでしょうか?

それでも、私はインターンシップの方が面接よりも、採用する人を選ぶ方法としては優れていると思いますし、長期的に見たらメリットは相当あると思います。離職率は間違いなく減ると思うんですよね。辞められる人の数が減れば、新たに採用するコスト、研修や教育にかけるコストは減りますし、辞めなくて良いことは働く側の人間にとっても良いことです。

面接なんていうシステムを利用して、いい加減な見方で学生を見て、それで採用、不採用を決定するというのは、私は本当に非合理的だと思います。それ以上に優れている方法がないならば、それを受け入れるしかないのかもしれませんが、私はそうじゃないと思いますから。例えば、インターンシップなどの拡充は面接以上の優れた選抜方法になるのではないか?と思っています。それが現実的に可能ならば、企業、学生共にメリットが相当確保できる策なんじゃないか?と思うのです。
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム