トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

会社が有給休暇を申請する理由を聞く行為は違法にするべき

有給休暇を取得して、それを行使しようとする場合、多くの場合では上司が理由を尋ねてくると思います。その理由を答えるのに、毎回嫌な思いをしている人も多くいるでしょう。実際、理由を聞いたとしてもそれ自体は違法ではありません。ただし、有給を申請した側も、理由を聞かれたからといって、答える義務はありませんし、嘘を理由を答えても問題が起きるケースは限りなく少ないはずです。

ただ、法律上はこうなっていますが、現実的には理由を聞かれたら、無視するとか、言いたくありません。と言うことはなかなか難しいですよね。その上司とはこれからも関係があるわけですから、関係をまずくしたくないということで、理由を答えないで済ますというのは、なかなかできないと思います。そうなると、有給をとる目的によっては嘘をつくという方法をとる人もいますね。真の目的が社会一般的に許容されそうなものなら、そのまま真実の理由を告げることもできそうですけど。

でも、ここまで考えてみると、上司がいちいち理由を聞く理由って何なんでしょうか?理由によって有給の行使を拒否することは基本的にはできませんし、理由は嘘をついている可能性も十分あります。だから、理由を聞いてどうしたいのか?よく分かりません。ただ、中には時季変更権の行使をするか?どうかを目的として、理由をあえて聞くというケースもあります。その場合に嘘をつくと、まずいケースもあるようです。

ただ、理由によって時季変更権を行使するか?というのは、ちょっといじわるな気がしますね。本来であれば、業務に支障が出る、出ない、代替要員を確保できる、できないといったことを基準にして、時季変更権は行使してほしいですし、するべきじゃないかな?と思います。理由によって、時季変更権が行使されるのなら、より一層、有給休暇を行使しづらいですし、または真の理由は言いづらくなり、嘘をつく可能性が高まります。

本来は労働から解放されてリフレッシュするための時間を確保するのが有給休暇ですから、そのリフレッシュ方法は人によって異なるはずです。そうなると、当然その有給休暇で何をするか?つまり、目的だって、異なって当然ですよね。しかし、その異なる目的の中で、上司の価値観にそぐわないものには時季変更権が行使されるってのは、凄い理不尽な気がします。時季変更権が行使されたから、有給が使えなくなるわけではありません。中には濫用と認められるケースもあるでしょうから。

基本的にどういう理由で時季変更権を行使するか?はとりあえず会社の自由なわけですが、理由如何によって時季変更権が行使されるか?分からない。そして、嘘をついたがために、何らかのペナルティが課せられる可能性もあるとすると、最終的にどうなるか?というと、有給休暇そのものを行使する気を減退させることにつながってしまうのです。そういう意味では、有給の理由を聞く行為はパワハラによる圧力に近いものに思えてしまいます。

理由を尋ねるのは、会社に認められた権利ですから、会社を責めてもどうしようもないのですが、国に対して言いたいのは、もうちょっと労働者に有給休暇を気軽に申請しやすい状況を作ってほしいということですね。国も有給休暇の取得率を上げたいと思っているみたいですが、現実的に上がる気がしてこないですね。有給休暇の利用方法自体は原則として自由です。ならば、その理由をわざわざ尋ねさせることを許す合理性もそんなにある気がしません。それを許すことで、空気的に有給を申請しづらくなっている事情があるのは事実だと思います。会社が理由を尋ねるのを違法にしてみては?と思います。


ランキングに参加中です!良かったらクリックお願い致します!→ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム