トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

恋愛必要ない「絶食系男子」を落とすのは諦めた方が良いかもしれない

自分が絶食系男子、断食系男子だと、最近というか、潜在的にはもっと前からかもしれませんが、気付きました。それは最近の出来事なんですが、ある肉食っぽい人からの誘っぽいことを完全に断ったときです。断ったといっても、ネットで話しているときですけどね。会話しているときは全部向こうから誘ってくるもので、こちらからは一切アクションを起こしませんでした。

向こうの相手も結婚適齢期っぽい感じで、恋人とか、あわよくば結婚相手を探している感が途中からかなり見えていました。したがって、こちらはそういう気が全くないので、それを告げると、明らかに向こうの反応も大分鈍くなりました。この瞬間、「あ!自分は草食系どころじゃないわ。絶食系だわ」と初めて認識できました。恋愛したい気持ちが皆無ではありませんが、まあ、苦労を伴うくらいなら良いや!って思っています。

こんな私みたいなどんなアプローチを受けようと一切無視、全然嬉しくない絶食系男子が近頃増えていると聞きます。25~34歳の男性のうち、約半数は交際経験がないというデータもあるようで、ある意味ちょっと安心しますね。では、どうしてこんな状況になってしまったのでしょうか?原因は複数あると思います。

例えば、男性の収入が激減した。とか、二次元で満足する男性が増えた。とか、いろいろなことが言われています。私自身が絶食系男子の自覚ありなので、その経験から言うと、シンプルな理由「面倒くさい」が1番です。恋人よりも、友達の方が欲しい。できれば同性の。別にホモではないですが(笑)男同士で会話している方が楽しいんです。異性と会話するのは、気を使うし、精神的に疲れます。そして、恋人となると、確実に会話をする機会、会う機会も増えますから、自由の時間も減るし、これは面倒なことになりそうだ・・・。と気付いてしまったということです。

嫌いになって振るのも面倒なら、振られてショックを受けるのも面倒です。少なくとも、今は恋人はマジで必要がないです。どんなに好きな人ができたとしても、その人と長い一緒にいるのはかなり疲れるので。月に1、2回くらい会うとか、メールするとかで十分なのに、おそらく女性の方がそれじゃ満足できないのでしょう。だから、面倒だなー。と思って、そっちの方に関心が向かないのです。

絶食系男子は今後も増えていきそうな気がします。というのも、高校生の段階からすでにそういう兆候が出ているというアンケートをさっきネットで見ました。もっと深刻なところでは、結婚適齢期を迎えている男性の多くに「結婚して何が得なんだ?」っていう気持ちが芽生え始めているというところです。これでは、そりゃ結婚どころか、恋人を作る気にもならないでしょうね。これと対照的に女子は戦々恐々としているかもしれません。

多分、今の時代は女子の方が肉食が増えたと思いますから、焦りを持って婚活等をしている女性からしたら、まさに逆風でしょう。探せば、恋愛に興味があったり、結婚願望のある男性を探すことはできるはずです。ただ、その範囲が以前よりもかなり狭くなってきているということは言えるかと思います。その中で、どうやって素晴らしい相手を見つけるのか?今はネットなど駆使して行うこともできるので、便利になったことは確かですし、行動範囲は広がりましたよね。絶食系男子を上手くかいくぐって、理想の男性を見つけられると良いですね。


ちなみに「絶食系男子度チェック」で絶食系男子診断をしてみたら、絶食系男子度59点で、あなたは草食系男子です。と言われました。あれれ~?おっかしいぞ~?


ランキングに参加中です!良かったらクリックお願い致します!→ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム