トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

就活でTOEICの点数をアピールしても、英語力は証明不可

就職活動では、英語が重視されると聞きます。確かに英語ができないよりはできた方が良いことは間違いないと思います。ただ、自分の志望する業界や企業のことを理解していないで、とにかく英語力の向上を目指すことは得策とは思えません。その企業は、業界はどんな仕事をしているのか?それに英語がどう生かせるのか?まず考えてみましょう。英語に関する資格を取るにしても、その作業がまず必要でしょう。

英語力を証明する資格として、TOEICがよく利用されます。日本だけではなく、世界的にも共通した指標を持った資格ですから、企業なども1番信用している英語力を客観的に測る指標かもしれません。中には足きりとして使っているところもありそうです。ただ、TOEICの点数が高いと英語力があると言って良いのか?というと、凄い疑問です。TOEICの点数が500点の人より、800点の人の方が英語はできそうだ。というような、相対的な評価はできるでしょう。でも、800点の人が、じゃあどれだけできるのか?っていうと、判断に困ります。

一応、TOEICでは、点数ごとに一応の英語力の指標(日常会話レベルとか)がアバウトに載っていたと思います。ただし、あくまでも指標だと思いますし、その実力を確実に担保するものではないでしょう。英検もそうかもしれませんが、TOEICも英語力を向上させるというよりは、試験で点数をとるためのテクニックによるところが結構大きいように思います。私も何年か前に試しに受けてみました。そのときはスコアは大したことはありませんでした。

ただ、明らかに時間が足りないし、制限時間以内に解くためのコツを学べば、これはもっと伸びるわ!という実感を持った記憶があります。また、TOEICに関する対策本も、いかに1問を早く解くか?というテクニックに終始している感じがしました。英語力があればあるだけ点数が伸びやすいというのはあると思いますが、英語力がそれほどなくても、それをテクニック等でカバーすることは十分可能だと感じました。

つまり、TOEICのスコアは客観的な英語力が備わっていなくても、ある程度点数を上げることは可能だと思います。700~800くらいまでであれば、英語力に自信がない人でも、テクニック次第でなんとでもなりそうな気はしないでもないです。実際、英語力なんて測ること自体がなかなか難しいものではありますけど、TOEICの点数の低い人は英語力があるとはまず考えられない。でも、高い人が英語力があるとは言い切れない事情があると思います。

TOEICはスピーキング試験(英検でいう面接試験のようなもの)がないので、ペーパーテストはやっぱり対策次第で点数は伸ばしやすいです。英検の面接試験も、英語力というよりは英語を使った最低限のコミュニケーションがとれていれば、そんなに受からない試験でもないので、あんまり信用できるものではないかもしれませんが。中にはこういう試験をそもそも受けてないという人もいると思いますし、受けていてもスコアを盛るとか、嘘をつく人も中にはいるみたいですが、資格試験の嘘とかはバレるリスクがそれなりにあるので、やめた方が良いと思います。

ですから、TOEICを見る企業側の人事としては、TOEICの点数は参考程度に留めておいた方が良いかもしれません。本気で英語ができる人材が欲しくて、履歴書等に書いてあるTOEICのスコアに目がいったとしても、それを鵜呑みにしない方が良いでしょう。何なら、その会社に在籍する英語に自信のある社員を連れてきて、その場で会話をさせたり、実践形式で英語力を測ってみた方が良いと思います。私が大学生の頃に、知り合いがTOEIC受けたりしていましたが、それを今後企業側がどう評価していくべきか?考えていく必要があるかもしれません。



ランキングに参加中です!良かったらクリックお願い致します!→ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム