トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

夢の早期リタイアを実現しても、「暇」という葛藤が潜んでいる

早期リタイアを実現した人は凄い羨ましい限りなのだけど、人によっては葛藤を伴うこともあるみたいです。それは「暇」です。暇を持て余してしまうと、望んで手に入れた自由な生活も逆に窮屈に感じられるかもしれません。中にはそれがせいで早期のリタイアに後悔している人もいるかもしれません。会社に通っていれば、嫌でも半日くらいは家から離れます。通勤の時間と仕事をしている時間を合わせれば、かなりの時間を消費します。

それが楽しい時間ならば、申し分ないでしょう。でも、早期リタイアをしようと思ったということは、決して楽しくはなかったと思います。むしろ、苦痛ではなかったのか?と思います。暇な時間と辛い仕事で埋まっている時間の両方を天秤にかけるのなら、私は前者をとると思います。それは暇な時間というのは埋めようがあるからです。

仕事の時間は削りようがないわけですよね。労働時間は会社によって決められてしまいますから、自分の裁量でどうにかできるものではありません。暇な時間をどう利用するか?考えると同時に、暇な時間のうち、どれだけの時間を何かでもって埋めるか?という裁量も働かせられるため、暇な時間を埋めて、退屈を凌ぐ方がまだ働き続けるよりは快適に近い生活は送れそうです。

私の場合も若干ですが、暇を持て余しています。大して仕事の時間も多くないので、特に昼過ぎから夕方にかけて暇を持て余しています。昼寝をしたり、パソコンでネットサーフィンしたりと、いろいろなことに興じていますが、何か物足りなさを感じます。ただ、それでもサラリーマンになるよりはマシだと思っています。サラリーマンの労働時間がせいぜい5時間くらいまでなら、そっちも良いかな?と思いますけど。

最低8時間+通勤の時間+残業となると、10時間以上は拘束されてしまいます。また、朝起きる早いですね。これも困ります。そして、何よりも月曜が来るのが本当に憂鬱になるでしょう。私は学生時代から月曜が来るのがとても嫌でした。それがさらに続いていくのは、本当に耐えられません。サザエさんを憂鬱なく視聴できている今の環境は、やっぱり捨てがたいです。やっぱり、忙しさと暇だったら、暇を選んだ方が良いかな?と思いますね。

しかし、これから早期リタイアを目指す方であれば、おそらく1度くらいはこの暇を持て余す葛藤に悩むことがあるかもしれません。それを受けて、自分なりに趣味などで時間を費やす目的ができれば、1番良いと思いますね。せっかく手に入れた自由のチャンスならば、それを有効に使ってほしいと思いますし、サラリーマン時代にはできなかったようなことをやって、自由な時間を盛大に費やしてみてはいかがでしょうか?仕事をしていた頃にはなかったような、新たな発見もあるかもしれません。


ランキングに参加中です!良かったらクリックお願い致します!→ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム