トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

牛丼屋で紅しょうがの山盛りはどのくらいまで許されるのか?

牛丼チェーン店で牛丼などの丼ものを食べるときにトッピングとして紅しょうがをかけて食べる人も多くいると思います。紅しょうが単体で食べても、私はあまり美味しくありませんが、牛丼に入れて一緒に食べると、凄い興奮してきます(笑)カレーに入れるらっきょうや福神漬けと同じような役割のものでしょう。

しかし、中にはこの紅しょうがをこれでもか!?というくらいに入れて、食べる人もいるようで、動画投稿サイトにその模様が投稿されていたりもします。紅しょうがは完全にお店側のサービスで出されているものですから、当然無料です。普通に利用している分には何も言われないでしょう。しかし、この紅しょうがは一体どこまで入れても許されるのか?気になっている人はいないでしょうか?あれ?いない?(笑)

まあ、基本的にはお店側がある程度裁量権を持っているので、お店が禁止するまでは入れて良いということになります。限度についてはお店によっても多少の違いはあるでしょう。ただ、実は結構前にやっていたバラエティ法律番組「ザ・ジャッジ」をご存知でしょうか?もう10年くらい前かな?みのもんたさん、爆笑問題のお2人が出演されていたと思います。

そこで、実際に牛丼屋に出向いて、牛丼を注文して紅しょうがをひたすら載せ続けるという、カオスな企画をやっていました。完全にご飯とお肉が紅しょうがに隠れて見えなくなっているのに、さらに入れ続けていると、さすがに店員からストップがかかりました。その後、店員の人に話を聞くと、「牛丼の中身が見える範囲ならOK」ということでした。つまり、ご飯かお肉がちょっとでも見えている分なら、ある程度多く入れても大丈夫ということでしょう。

中には紅しょうが好きという方もいると思います。そういう方は本当に毎回大量に、山盛りに紅しょうがを積んでいるかもしれません。基本的にはお店に注意されなければ大丈夫だとは思いますが、一応他にも利用者がいるので、そこも気をつけながら牛丼と紅しょうがを楽しんでいきましょう。


ランキングに参加中です!良かったらクリックお願い致します!→ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム