トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

リクナビのエントリー煽りが「いい加減ウザい」と就活生

就活生もいい加減目が肥えてきたというか、その仕組みが分かってきたという感じでしょうか?リクナビなどの就職活動支援サイトはエントリーをとにかく催促してくる。それはサイト上だけに留まらず、メールなどでも就活生の不安を煽るように、とにかくエントリー数を増やすように強要してくるに近いのです。

実際、エントリー数を増やせば良いというものではないと思います。受けられる企業の数を増やすというのは、場合によっては内定をとれる可能性を上げることにつながるかもしれませんが、自分で手に負えないほどの企業を抱え込んだら、今度は管理が大変です。どこにエントリーしたのか?把握できるほどに留めておくのがベストかと思います。

しかし、リクナビそういったことは考慮していない。それはエントリー数を増やすことが就職活動支援サイトとしての評判や信頼性を高め、多くの企業が求人の掲載を希望する。利益がどんどん上がる仕組みですね。学生のエントリー数増=会社の利益増という仕組みがとりあえずあるのだと思います。

学生からしてみれば、もっとマイペースで就職活動をしたいのに、不安を煽るようなことを常に言ってきて、他の人はこれくらいエントリーしているぞ!あなたはまだまだ足りない!といった余計なお世話に近い謳い文句でプレッシャーをかけてきます。リクナビを利用していると、多くのページで「まとめてエントリー」という一括して何社にもエントリーするボタンが設置されていて、そこからエントリーするように促されるということです。

これは近いものでいうと、迷惑なアフィリエターのやり方に近いですね。何としても、自分のブログの広告をクリックさせたい。そこから商品を買わせたい。と思った人がしつこいくらいに広告を張り巡らせたり、とにかくおすすめだから!買うように迫ったり。そういうやり方に嫌気が差しているユーザーも多いでしょう。無理矢理買わせるようなやり方は長期的に見れば、ユーザーから嫌われ、売り上げにはなかなか繋がらないと思います。アフィリエイトのリンクは本当に自然な形で貼っておいて、気になった人が自分からクリックするように仕向けるのが鉄則だと思います。

そういうアフィリエイターは当然嫌われていくわけですが、リクナビがやっているのも似たようなことだと思います。リクナビが異常にエントリーを煽る理由は、自社の売り上げ増にある。それを就活生の大多数が気付いたら、中には嫌儲主義の人もいるでしょうから、完全に見向きもされなくなるでしょう。今の時代、リクナビ以外でも、そもそも就活支援サイトは一切使わずに就職活動をしていく人も多くいます。

今のやり方は長期的に見たら、ただリクナビ自身の評判を下げて、マイナビとか他のサイトに人気を奪われるだけかもしれません。ただでさえ就職活動支援サイト離れが多少進んできているようですから、今後5年、10年とか経ったら、誰もこういったサイトを利用していない状況がくるかもしれません。リクナビの行動は、それを加速させているものだと思います。


ランキングに参加中です!良かったらクリックお願い致します!→ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム