トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

息子の入学式を優先し、自分が担任を務める新入生の入学式を欠席する教師

何でも、埼玉県のある県立高校の入学式に、新入生の担任を務めることになっている教師だと思うのですが、その教師が入学式の日に来なかったという事態があったみたいです。その教師はどうして来なかったのか?というと、自分の息子の入学式と被ってしまい、そっちを優先したということみたいです。

入学式の日に、その新入生の担任を務める先生がいないというのも、なかなかない光景ですよね。ただ、この教師は事前に校長先生に事情を説明し、入学式の当日には校長から、新入生に対して欠席の理由が説明され、その教師は『入学式という大切な日に担任として皆さんに会うことができないことをおわびします』と題された文書を作り、当日に別の教師が生徒たちに配ったそうです。

したがって、すべき配慮は十分していたと評価できるのではないか?と思います。しかし、その入学式に来賓として出席していた江藤幸一県議は「担任の自覚、教師の倫理観が欠如している。欠席理由を聞いた新入生たちの気持ちを考えないのか。校長の管理責任も問われる」と、教師の行動を批判していました。

ここで言っていることは常識で考えれば別に間違ってもいないような気もしますが、それなりの事情があって、たった1日の欠席が倫理観の欠如になるのか?ってのはちょっと疑問です。欠席理由を聞いた新入生の気持ちというのは、新入生に聞かないと分かりませんが、私だったら何とも思わないでしょう。また、校長は事前に許可を出したわけですよね。ならば、この教師だけの責任なのか?と思います。

そして、私に言わせれば、こんなことでいちいち叩かれないといけないのか?教師は民間企業のサラリーマンよりも職業倫理観や責任をより広く問われる仕事かもしれません。ただ、入学式に支障が出たとか、これからの生徒の学校生活に支障が出たとか、明らかな問題点出ていません。というか、先述したように出ないようにちゃんと配慮をしたんだと思います。

そういった中で、こんなことまで問題にされて誰かから批判を受けるというのは、本当に生きづらい世の中だなー。と思います。「政治学に関係するものらしきもの」というブログには「入学式にでなくてもこれから一年間は毎日顔を合わせることになるのだから、別に最初の一日位どうでも良いのではないかと考えます。」とありますが、私も同感です。

こういう小さい問題を叩いている暇があるなら、県議の方も自分の県の問題を1つでも片付けられるように努力していった方が良いのではないでしょうか?結局、考えてみると、一体何が問題だったのか?そもそも問題が起きたのか?特にそうは思えませんね。私に言わせれば、こういう「どうでも良いこと」でいちいち批判されてしまうような息苦しい世の中にはなってほしくないなと思います。そういう労働環境がいつまでも淘汰されないから、育児介護休暇の取得率が一向に伸びないんですよ。


ランキングに参加中です!良かったらクリックお願い致します!→ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム